ポートランドのシンセポップ・デュオ Reptaliens、サードアルバム『Multiverse』を 1/21 リリース!

オレゴン州ポートランド出身のシンセポップ・デュオ Reptaliens (レプタリアンズ) が、セルフプロデュースのサードアルバム『Multiverse』を 1/21 リリース!ニューシングル「Like A Dog」のミュージックビデオを公開。これまでの2作とは異なり、ドリーミーなシンセサイザーを完全に棚上げし、ロックダウンのために他のバンドメンバーを欠いて作業した Reptaliens は、ギターを手に取り、ずっとそこにあるキャッチーな攻撃を強調してリセットしました。

先行シングル「Like A Dog」のMV公開!

90年代のオルタナティブ・キャノンの自然なエネルギーからインスピレーションを得た2人は、Jane’s Addiction の1990年の名曲「Been Caught Stealing」を何気なく聴いてみたところ、勢いが増しました。レプタリアンの曲を作ろうと思ったわけでもないのに、彼らはこのセットのリードシングル「Like a Dog」を書き上げました。この曲は太陽の光を浴びたグルーヴの爆弾であり、音の荷物に邪魔されることはありません。メンバーの Cole は、「これがきっかけでした」と振り返ります。

オレゴン出身の Cole と Bambi Browning は、2010年代半ばに、自分たちの最も冒険的な衝動のための多面的な手段として、Reptaliens を始めました。Captured Tracks の最初の2枚のアルバム『FM-2030』(2017年)と『VALIS』(2019年)で、彼らは献身的な夢想家であり、深い思想家であることを確立し、ウールのような家庭的なシンセポップに、突拍子もないSFや哲学についての瞑想を盛り込んだ。友人たちの助けを借りて、彼らは大きな疑問に取り組み、広大な音の世界を探求してきました。ジュリアン・コワルスキー(ギター)、ブライソン・ハンセン(シンセサイザー)、タイラー・ヴァーギアン(ドラム)の3人は、STRFKR、Turnover、Turnstile との長期にわたる全国ツアーで観客を魅了してきました。

鹿やキツツキが並木道の裏庭に定期的に出没する、ポートランドの静かな西側にある自宅でレコーディングを行い、今回はすべての楽器を自分たちで演奏しています。その結果、これまでとは異なり、バンドのメロディックな才能が強調されています。Bambi の特徴的なベースプレイはよりダイレクトでドライブ感がありますが、彼女のエアリーなボーカルは、Reptaliens のソフトフォーカスな別世界感を維持しています。

ミキサーは、Mikaelin “Blue” Bluespruce (Solange、Blood Orange、Mariah Carey) と、カンザスシティのバンド Shy Boys と Fullbloods の Ross Brown が担当しており、「I Can’t Hide」のクランチーなコーラスから、「Jump」のスモーキーで蛇行したギターソロまで、驚くような演出が盛り込まれた、さわやかなポップレコードに仕上がっています。Bambi と Cole は、2020年にリリースしたEP『Wrestling』で学んだことをレコーディングに活かしています。この作品は、シンセサイザーを使ったダークウェーブの遠回りな作品で、二人が最初から最後まで一人で作業をすることになった作品です。

これらの作品は、アルバムのタイトルにもなっているプリズムのような概念を持つ、広い Reptaliens の領域内に快適に配置された創造的な平面のうちの2つに過ぎません。『Multiverse』は、クリエイターのように、あらゆる場面で新鮮な新しい方向性を打ち出しており、まさに象徴的な交差点のように感じられます。そして、訪れるたびにさらに多くの可能性を生み出すものです。