シカゴのフォークロック・デュオ Whitney、サードアルバム『SPARK』を 9/16 リリース!

シカゴのフォークロック・デュオ Whitney (ホイットニー) がニューアルバム『SPARK』を 9/16 リリース!先行シングル「REAL LOVE」のミュージックビデオを公開。Julien Ehrlich と Max Kakacek は、Whitney としての3枚目のアルバム『SPARK』のために書いていた曲の中に、浮遊感のあるドラムループ、楽なファルセットのフック、荘厳なキーボードラインなど、驚くほどの違いを感じていた。かつては荒削りだったフォーク・ポップが、かつてないほどの勢いと輝きを放ち、まるで生まれ変わったようなバンドサウンドになっていた。しかし、彼らにはそれが見えていたのだろうか。

先行シングル「REAL LOVE」のMVを公開!

収録曲「BLUE」のMV公開!

そこで、シカゴのデュオがポートランドに借りたバンガローのリビングルームに作った臨時のスタジオで、ジュリアンとマックスは、別れたり閉じ込められたりする中で2020年の脱出口を共有し、それを見つけ出そうと決めたのです。毎晩真夜中から明け方にかけて、遅い時間と軽いサイケデリックで脳が屈折する中、彼らは自分たちの最新の作品を演奏し、頭上では金物屋のディスコボールが回り、YouTube では大スターのスローテンポのミュージックビデオが静かに流れていました。自分たちのポップソングが、そのぼんやりとした起源よりもずっと即物的でモダンなものであるにもかかわらず、このような大掛かりな映像に合うのだろうか?「もうこの曲でスーパー8ビデオを撮るのはやめようと思ったんだ」と、ジュリアンはにっこり笑う。「もっとハイファイでシネマティックなものはどうだろう?」映像と楽曲がリンクしたとき、ジュリアンとマックスは、ついに Whitney のサウンドを見つけたと確信しました。

収録曲「TWIRL」のMV公開!

『SPARK』は、Whitney をクラシックポップの現代的なシンジケートとして再紹介しており、想像力豊かで愛らしい12曲が、ペイズリー柄のディラ・ビートと豪華なエレクトロニクスで魅力的なメロディーを包んでいます。さらに、Whitney は3年間にわたる極端な感情の高ぶりと低ぶりを38分間に凝縮し、この12曲のそれぞれが、彼ら(そして本当は我々)全員が生き抜いてきたことを歌える形で教えてくれている。オープニングの「NOTHING REMAINS」の不屈の精神、「TERMINAL」の破壊的な喪失、「REAL LOVE」の太陽のような新生…。意外に思われるかもしれませんが、『SPARK』は Whitney にとって過激な改革というよりも、過去から現在へ、そして人生とキャリアの次のステップを謝罪なしに一気に踏み出すときに感じることを率直に表現したものなのです。『SPARK』は、Whitney の初期の作品の暖かさと気楽さを保ちつつ、これらの曲は今の新しさで輝いている。

Jimmy Kimmel Live に出演した「REAL LOVE」のライブ映像が公開!

よく聴いてみると、『SPARK』の中で頻繁に煙や火が登場することに気づくだろう。これは、何か新しいことを思いついたり、古いものを焼き払ったりすることの二重表現である。マックスとジュリアンは2020年の秋にポートランドに滞在していたが、その時、近隣の火災による煙が記録的なレベルで街に充満していた。それは恐ろしく、悲劇的なことでしたが、彼らは進み続けました。「世界が燃えている間、私たちは生きる術を見つけた / 現実は崩壊していた」とジュリアンが陽気に歌う「BACK THEN」は、苦難の向こう側に何があるのかを見出すためのアンセムである。

科学者たちは、火事の季節にだけ種子を放出する木があるという進化の奇跡、セロティニーについてますます語るようになった。『SPARK』はしばしばそのように感じられる。Whitney の状況は非常に多くのレベルで不安定で、彼らは「過去を…干す」ことから始め、炎上の後に自分たち、自分たちの関係、自分たちのバンドの新鮮なバージョンを見出したのだ。マックスとジュリアンは現在シカゴに戻り、小さなスタジオのある居心地の良いアパートをシェアしており、そこですでに次の Whitney アルバムのための曲を作っている。二人とも幸せな恋愛をしている。過去を燃やした今、マックスとジュリアンにとってすべてが新しくなった。『SPARK』は、Whitney のベストアルバムというだけでなく、忍耐と再生、そして親友たちがお互いを信頼し合い、この苦難の季節の反対側まで運んでいくための、感動的な証しでもあるのです。