70'sに魅せられたUKのロックバンド Buzzard Buzzard Buzzard、デビューアルバム『Backhand Deals』を 2/25 リリース!

Buzzard Buzzard Buzzard デビューアルバム

ロックを復活させる!その強い想いと、70’sに魅せられたUKウェールズで最もエキサイティングな新人バンド Buzzard Buzzard Buzzard が待望のデビューアルバム『Backhand Deals』を Missing Piece Records / Communion から 2/25 リリース!ニューシングル「Yourself」のミュージックビデオを公開しました。フロントマンの Tom Rees (トム・リース) は本作について、

『Backhand Deals』は、ロックを “死から蘇らせる” 必要があるとするイデオロギーを覆すための実践です。ロックは、皿洗いでも、庭掃除でも、選挙で誰が当選したかについて文句を言うことでも、自分自身を素直に楽しむことであるべきです。ロックにはパワーがあります。Lizzo が地獄のように気持ちよくても、AC/DC が地獄へのハイウェイを走っていても、芸術を誠実に行う人には誰にでも帰属します。誠実さは同じであり、誠実さが勝つのです。

先行シングル「You」のMVを公開!

「You」のライブ映像を公開!

2020年のデビューEP『The Non-Stop』は、古典的な70年代ロックに21世紀らしいひねりを加え、T-Rex や Steely Dan のサウンドを2020年代に引きずり込んでいます。リーズは続けて、アルバム『Backhand Deals』についてユーモアたっぷりに以下のように述べています。

このレコードでは、ギネスを飲み過ぎず、リードシンガーが歌詞シートを覚えているときには本当に良い演奏をする、お父さんのカバーバンドのように聞こえないように、音楽に現代的な要素を盛り込んで、伝統的な影響を否定することにとてもこだわっています。私たちは心の底から70年代の音楽を愛していて、それを捨てて時代性を追求することはできないと思っています。ですから、現代の録音技術と現代の文献を使って本質的に新しいものを作るのは正しいことだと思います。

このアルバムでは、自分たちの人生、カーディフの人々の人生、ウェールズの人々の人生、そしてあらゆる場所の人々の人生について考えていることを話し合うことができましたが、その一方で、自分たちは何も知らないし、ただのパートタイムの意見収集者であることを率直に認めています。バンドを続けているうちに、私たちがやりたいことは人々の生活に変化をもたらすことだと気付きました。そして、不誠実にそれを行うことは、私を卑屈にさせます。だから、可能な限り正直にやっていこう。ロックは死んでいないし、「復活」や「再生」を必要としていません。もし私たちが “ロックを復活させる” バンドだと思われたら、私は涙を流すと思います。

Buzzard Buzzard Buzzard は、2016年末にトム・リースのベッドルーム・スタジオ・プロジェクトとして始まりましたが、それ以来、弟のエディ・リース、イーサン・ハースト、ザック・ホワイトの協力を得ています。過去のロックンロールの亡霊を引き合いに出し、飽くまでもワイルドなライブを行う Buzzard Buzzard は、クラシック・ロックのモデルに新しい風を吹き込み、それをデニムで着こなす愛すべきバンドです。

tracklist:
1.New Age Millennial Magic
2.Good Day
3.Crescent Man Vs Demolition Dan
4.Faking A Living
5.Yourself
6.Break Right In
7.On The Kill Again
8.You
9.Feel The Change!
10.Demolition Song
11.A Passionate Life

<アルバムの各種パッケージの購入はこちら>