The War On Drugs、4年ぶりのスタジオアルバム『I Don't Live Here Anymore』をリリース!

米フィラデルフィア出身のロックバンド The War On Drugs、4年ぶりのニューアルバム『I Don’t Live Here Anymore』を Atlantic Records から 10/29 リリース!先行シングル「Living Proof」のミュージックビデオを公開。過去15年間、The War On Drugs は、今世紀の偉大なロックンロール・シンセサイザーの一人として着実に頭角を現してきました。アンダーグラウンドとメインストリームの間のギャップ、鈍感さとアンセミックの間のギャップを取り除き、分裂した過去を統一された魅力的な現在に結びつけるようなレコードを作ってきました。

Lucius をフィーチャーした「I Don’t Live Here Anymore」のMV公開!

TheEllenShow にて、Lucius をフィーチャーした「I Don’t Live Here Anymore」のパフォーマンス映像が公開!

The War On Drugs は、5枚目のスタジオアルバム『I Don’t Live Here Anymore』ほどうまくそれを実現したことはありません。このアルバムは、人間にとって最もありふれた、しかし困難なプロセスのひとつである、絶望に直面したときの回復力をテーマにした、珍しいロックアルバムです。The War On Drugs の『A Deeper Understanding』が2018年のグラミー賞で最優秀ロックアルバム賞を受賞したわずか1カ月後、Granduciel、ベーシストの Dave Hartley、マルチインストゥルメンタリストの Anthony LaMarca の中心メンバーは、ニューヨーク州北部に戻り、ジャムをして新しいデモを制作し、ライブでの各メンバーの決められた役割以外の作業を行いました。

収録曲「Change」の試聴が開始!

このセッションは非常に生産的で、『I Don’t Live Here Anymore』の中でも最も即効性のある曲の初期バージョンが生まれました。これを皮切りに、ニューヨークのElectric LadyやロサンゼルスのSound Cityなど、ロック界でも有数の音のワークショップを含む7つのスタジオで、3年間にわたって10数回のセッションが行われました。バンドリーダーの Adam Granduciel と信頼のおける共同プロデューサー/エンジニアの Shawn Everett は、膨大な時間をかけてこれらの曲のすべてのピースを剥がし、再構築しました。

The Late Show に出演した「Living Proof」のパフォーマンス映像が公開!

最も記憶に残るセッションのひとつは、2019年5月に Electro-Vox で行われたもので、キーボード奏者の Robbie Bennett、ドラマーの Charlie Hall、サックス奏者の Jon Natchez を加えたバンドの全ラインナップが招集され、衝撃的なアルバムのオープニング曲「Living Proof」をレコーディングしました。通常、The War On Drugs のレコードは、ロックンロールのジグソーパズルのように、何度もオーバーダブを繰り返して組み立てていきます。しかし、「Living Proof」では、ミュージシャンがライブユニットとしての相性の良さを生かして、即興的なマジックを使って、リアルタイムでトラックを組み上げました。このパフォーマンスの即時性は、グランデュシエルがこれまでに書いた中で最もパーソナルな曲の一つにふさわしいものでした。

『I Don’t Live Here Anymore』ストリーミング

「Living Proof」のビデオは、映像作家の Emmett Malloy が監督し、16mmフィルムで撮影されたもので、カリフォルニア州スティンソンビーチにある歴史的な Panoramic スタジオで撮影されています。

Tiny Desk (Home) Concert に出演したスタジオライブ映像が公開!

Tiny Desk (Home) Concert に出演、最新アルバムから4曲を披露したスタジオライブ映像が公開されました。ニューアルバムと同じタイトルの「I Don’t Live Here Anymore」でオープニングを飾った後、フロントマンのアダム・グランデュシエルがバンドを紹介し、誰かカポを持っていないかと尋ねます。すると突然、ドラムスティックが脚になっていて、小さなランプが付いている、とても丁寧に作られた小さな机が、ゆっくりと空間に降りてきて、カポを届けてくれました。グランデュシエルは微笑み、グループは新譜からさらに3曲を演奏する。「I Don’t Wanna Wait」、「Old Skin」、「Change」。

アリーナを埋め尽くすほどのビッグなサウンドが、この居心地のよい空間で響くのは幸運だ。10月29日に発売された The War On Drugs の5枚目のアルバムには、彼らのサウンドに忠実な、親しみやすい新曲が収録されています。もともとペンシルバニア州フィラデルフィアを拠点としていたこのバンドのメンバーは、今では全米に散らばっていますが、ジャム、デモ、そして最終的にはこのアルバムのレコーディングのために、気心の知れた仲間として集まったのです。

新曲は、再会、変化、そして不確実性をテーマにしています。パンデミックがもたらした未知の日々の中で、タイトル曲のこの一節が心に響きました。「時は海のように私を取り囲み、記憶は波のようだ。人生はスローモーションで死んでいくのか、それとも毎日強くなっていくのか。このようなクラシックなバラードには、美しい緊張感と多くの喜びがあります。