Mudhoney、91年に発表した『Every Good Boy Deserves Fudge』の30周年記念版を 7/23 リリース!

米シアトルのグランジ・バンド Mudhoney (マッドハニー) が『Every Good Boy Deserves Fudge』の30周年記念デラックス・エディションを 7/23 リリース!収録曲「Ounce of Deception」のライブ映像を公開。Mudhoney は『Every Good Boy Deserves Fudge』で基本に立ち返り、従来の常識を覆した。これは、最初でも最後でもなく、彼らの正当性が証明されたことになる。1991年7月の発売から1カ月後、このアルバムはイギリスのアルバム・チャートで34位にランクインし(5週間後 Nirvana の『Nevermind』は36位にランクイン)、全世界で7万5,000枚の売り上げを記録した。しかし、それ以上に重要な成功要因は、バンドを活性化させ、将来への試金石となったことである。このアルバムは、現在進行中の Mudhoney の物語の重要な一章であり、その教訓は「疑問があるときは、それをごまかす」ということです。

このアルバムは、広いスペースに24トラックのミキシングボードを備えた Music Source Studio で始まりました。1988年のデビュー作「Touch Me I’m Sick」を生み出した8トラックのセットアップと比べると、まさに未来的です。ギタリストのスティーブ・ターナーの言葉を借りれば、その結果は「ちょっと派手すぎて、きれいすぎた」というもので、Music Source のセッションはすぐに失敗に終わりました。これに懲りたバンドは、Egg スタジオの Conrad Uno の8トラックセットアップで作業を始めました。防音対策として壁に貼られたカートンにちなんで名付けられた Egg スタジオには、メンフィスのスタックス用に作られた60年代のヴィンテージ8トラックの Spectra Sonics レコーディングコンソールが設置されていました。

そうして1991年の春、Mudhoney は『Every Good Boy Deserves Fudge』を制作した。パシフィック・ノースウエストの前身である The Sonics や The Lollipop Shoppe の激しい60年代のガレージ・ロック、Drunks With Guns の痛烈なポスト・ハードコア、Neil Young のヘビーなギター・ムード、Spacemen 3 や Hawkwind、Zounds の陰鬱な実存主義、80年代ハードコア・パンクの風刺的な獰猛さなど、当時のバンドが受けた影響が渦巻いたアルバムだ。このカルテットの特別な錬金術によって、これらの好意的なオマージュは決してパスティーシュに陥ることはなかった。最終的に『Every Good Boy Deserves Fudge』は Mudhoney の最高の状態を象徴している。

シカゴ・マスタリング・サービスのボブ・ウェストンによるリマスターが施された30周年記念盤は、この時期に彼らを突き動かしていた創造性の高まりを証明するものとなっている。このアルバム・セッションでは、後にB面やコンピレーション、スプリット・シングルに収録されるような素材が数多く生まれました。このエディションには、これらの曲に加えて、5曲入りの Music Source セッションを含む未発表曲が多数収録されています。