LAのネオソウル・グループ The Marías、デビューアルバム『CINEMA』を 6/25 リリース!

プエルトリコ出身のリードボーカル Maria Zardoya 率いる、LAのサイケデリック・ネオソウル・グループ The Marías (ザ・マリアス)、待望のデビューアルバム『CINEMA』を 6/25 リリース!アルバムの予告映像を公開、本作には先行シングル「Hush」を含む全13曲を収録する。グループはこれまで、2017年に『Superclean, Vol. I EP』、2018年に『Superclean, Vol. II – EP』と2枚のEPを発表している。

ニューシングル「Hush」のビジュアライザーを公開!

アルバムは、2020年の隔離期間中に制作されました。本作『CINEMA』についてボーカルの Maria は、「このアルバムを聴いて、心の中で世界やシーンを想像し、それを感じ取ってもらえたらと思います。正直なところ、アルバム全体がただのフィーリングです。」と Coupde Mainmagazine のインタビューで答えています。

私たちはこのアルバムに自分たちの人生のすべてを注ぎ込み、自分たちのすべてを捧げました。このアルバムは、今この瞬間のジョシュと私、そしてそれまでの私たちの経験をそのまま反映しています。このアルバムは、長い間、私たち二人の中に生きていて、顔を出すタイミングを待っていたのだと思います。私たちは、このアルバムをリスナーにとっての経験、つまり世界からの逃避場所にしたいと思っています。このアルバムを聴いて、頭の中で世界や情景を想像し、それを自分自身で感じ取ってほしいと思っています。正直なところ、このアルバム全体がただのフィーリングです。