Real Estate の Alex Bleeker、ニューアルバム『Heaven on the Faultline』を 3/5 リリース!

Real Estate のメンバー Alex Bleeker (アレックス・ブリーカー) がニューアルバム『Heaven on the Faultline』を Night Bloom Records から 3/5 リリース!収録曲「La La La」のミュージックビデオを公開しました。Alex Bleeker のことは、ずっと知っている。まあ、生まれた時からではないかもしれないが、彼とは何年にもわたって多くの思い出を共有してきたことは間違いない。高校で一緒にシェークスピアを演じたり、深夜のダイナーに行ったり、Weezer のアルバムのベストはどれかで言い争いをしたり、故郷の郊外を車で移動しながら Yo La Tengo の音楽への評価を交換したりしてきた。

収録曲「D Plus」

インディー・ロックとは、誰かのガレージで簡単に作ったり聴いたりできる音楽の一種であるが、10代の若者が郊外で夢中になっているのはよくあることで、アレックスも私も例外ではなかった。彼のニューアルバム『Heaven on the Faultline』では、この伝統的な聴き方を聴くことができる。ニュージャージー州のヒーロー、ザ・フィーリーズやYLTのハスチャーでアコースティックな回想曲から、グレイトフル・デッドの初期のカタログに多く見られるような開放的なフォーク・ロックまで、13曲を収録したアルバム『Heaven on the Faultline』では、アレックスがホームスパンのルーツに立ち返っていることが分かる。

収録曲「Reach for my Brain」のMV公開!

ここ数年の間に書かれ、レコーディングされた『Heaven on the Faultline』の曲は、最初は寝室で GarageBand に直接録音された後、共同プロデューサーの Phil Hartunian がロサンゼルスにある Tropico Beauty のスペースでさらに洗練されたスタジオ録音が行われました。Confusing Mix of Nations の Josh Da Costa、Sun Araw の Cameron Stallones、シンガーソングライターの Kacey Johansing、Parting Lines の Tim Ramsey が参加したこのアルバムは、アレックスのミッションである温かみのある親密な感じを実現している。

「私が音楽を作ることに恋をした瞬間を捉えたかったの。これは自分自身のための音楽、つまり音楽のために音楽に戻ってきた自分のための音楽なんだ。不安定な時代に生きる私たちの姿が、”Heaven on the Faultline” には確かに忍び寄ってくる。”D Plus” はドナルド・トランプ大統領の就任式の日に書かれたもので、気候変動への不安が “Felty Feel” の愛らしいギターのループの上に浮かんでいる。このアルバムは、切迫した破滅への不安に対処することがとても重要なんだ。」

とアレックスは、このアルバムの前兆的なヴァイブスについて語っている。「ハンマーはいつ倒れるのか?このような不安に直面しながら、どうやって前に進み、人生の複雑さを経験するのだろうか?」答えの少ない難しい質問ですが、あまりストレスを感じないようにしましょう。このような実存的な疑念を体験しながら、人生が提供するシンプルな喜びを楽しむことは可能であり、その倫理観は『Heaven on the Faultline』の中心にあるのです。それが Alex Bleeker を定義しており、この特別な人とアーティストを長い間知り合えたことを誇りに思う多くの理由の一つでもある。 – Night Bloom