LAのドリームポップ・バンド Tashaki Miyaki、ニューアルバム『CASTAWAY』を 6/4 リリース!

収録曲「Wasting Time」のMV公開!

2021.05.27

Tashaki Miyaki

LAを拠点に活動するドリームポップ・バンド Tashaki Miyaki、ニューアルバム『CASTAWAY』を Metropolis Records から 6/4 リリース!先行シングル「Gone」のミュージックビデオを公開。Tashaki Miyaki はこの数年、ニューアルバム『Castaway』の作曲とレコーディングに費やしてきた。音楽的には、バンドは自分たちを新しい空間に押し込み、クラシック映画のスコアや、Portishead から the Byrds、Snoop Dogg から Brian Eno、Prince から Bryan Ferry まで、彼らが子供の頃に創作のインスピレーションを受けていた音楽を深く掘り下げてきました。シンガー/ドラマー/プロデューサーの Paige Stark は、シングル「Gone」のMVについて次のように語っています。

表題曲「Castaway」のMVを公開!

主に必要に迫られて、このアルバムのために自分でビデオを監督することにしました。私は映像制作に興味があるし、COVID-19 の間にやるのが一番安全だと思ったから。私たちのベーシストである Sandi と私はダンサーであり、感情を表現する媒体としての映像を愛しています。

Sandi に主演をお願いしたところ、彼女はイエスと言ってくれました。クルーは私とDPのアーリーン・ミュラー、彼女のボーイフレンドのフェリペが彼女をアシストしてくれて、ギタリストの Luke がバンを運転してくれました。バンド全員が参加してくれたのはとても気持ちが良かったです。この曲は喪失感をテーマにしていて、とてもダイレクトに表現されています。私たちの生活の中で人が行ったり来たりして、悲しむことは苦痛なことなんだ。

多くの場合、その人たちは文字通りいなくなってしまいます。MVではダンスを取り入れたいと思っていましたし、Sandy が空間を出入りするのを見たいと思っていました。感情の解放をダンスで伝えたかったんだ…感情が体から離れていくような。そして、最後には爆発して、彼女は走っています。そういうシークエンスをやりたいと思っていたのですが、どうやって撮影するか迷っていたので、その場ですべてがまとまりました。振り付けは Sarah Marquelle Kruger と一緒にやったのですが、エンディングは私たちが話し合ったことやアーリーンからの直前の提案を元に、サンディが即興で作ってくれました。魔法のようでした。

収録曲「I Feel Fine」のMV公開!

Tashaki Miyaki は、ドリーミーでメロディックなギターポップを探求している。3人のメンバーは自称 “カリフォルニア・キッズ” ではあるが、彼らのサウンドは西海岸的なものだけではなく、それ以上の影響を受けている。彼らの音楽的嗜好は、アメリカン・ソングブック、サン・レコード、Doo-Whoop、40-50年代のボーカル・グループ、”60年代、70年代の誰もが愛するもの”、彼らのヒーロー “Uncle Neil”、パンク、”90年代のすべて”、そして過去と現在のヒップホップなど多岐にわたっている。2枚目のLP『Castaway』は、愛、記憶、時間をテーマにした曲を中心に、音楽的なパレットを広げ、エモーショナルな領域を広げている。2017年のデビューアルバム『The Dream』以来4年ぶりのセカンドアルバム。