Pinegrove、キャリアとカタログを網羅したアルバム『Amperland, NY』をリリース!

米ニュージャージーのパワーポップ・バンド Pinegrove (パイングローヴ)、キャリアとカタログを網羅した21の新しいスタジオ録音を収録したアルバム『Amperland, NY』を 2/26 リリース!同名の映画『Amperland, NY』の映像を公開しました。幼馴染の Evan Stephens Hall と Zack Levine によって結成された Pinegrove は、すでに『Everything So Far(2015年)』、『Cardinal(2016年)』、『Skylight (2018年)』という3枚の素晴らしいアルバムを制作し、大規模な批評家からの絶賛と、広くて献身的なリスナーを獲得している。バンドの最新アルバム (そして Rough Trade にとって初の)『Marigold』は2020年1月に到着し、その反省と回復力をテーマにした作品は、特に激動の年を経て共鳴している。ツアーがキャンセルされ、時間を持て余している今、バンドはファンのために何か特別なものをまとめることにした。

『Amperland, NY』は、同名の長編映画を収録したもう一つのフルアルバムです。このコレクションには、Pinegrove のキャリアとカタログを網羅した21の新しいスタジオ録音が収録されており、バンドが4年間住んでレコーディングをしていた北部の家で撮影されたもので、彼らが愛情を込めて “Amperland (アンパーランド)” と呼んでいた場所です。しかし、すべての良いもの(とリース)には終わりがあり、そのスペースに恒久的な別れを告げる前に、彼らは友人や家族と最後のパフォーマンスをするために集まりました。

オリジナルメンバーであり、キーボーカリストでもある Nandi Rose (Half Waif) を多くの曲にフィーチャーしたこのコレクションは、ファンのお気に入りの曲やディープなカットにバンドが新たな命を吹き込んだことで、古くからのリスナーにも新しいリスナーにもスリルを与えてくれるだろう。アコースティック・ヴァージョンからピアノ、ペダル・スティール、オルガンをフィーチャーしたユニークなアレンジまで、『Amperland, NY』は、これまでのスタジオ・アルバムでは聴くことのできなかったフォークとプログレッシヴ・ロックのノートに触れています。これは Pinegrove のカタログに欠かせないものであり、バンドが知られている真面目で恍惚としたライブ・エネルギーのすべてを網羅しています。この美しいダブルアルバムは、マットな門型パッケージに収められ、注釈付きの台本と映画の舞台裏の写真が付属しています。