19歳のベッドルームポップ・アクト Jordana、デビューアルバム『Classical Notions of Happiness』を 3/27 リリース!

Jordana

Photo by Mel Mercer

米カンザス州を拠点に活動する19歳のジョーダナ・ナイこと 、デビューアルバム『Classical Notions of Happiness』を Grand Jury Records から 3/27 リリース!Jordana にとって、万華鏡のようなベッドルーム・ポップ・ソングは単なる観察の場ではなく、激動に耐え、受け入れるための方法なのだ。彼女は幼少期から音楽に囲まれて育ちました。地元の教会でオルガン奏者をしていた彼女の父親は、幼い頃からピアノを習うように勧めていました。その代わりに、彼女はバイオリンに惹かれ、ギターに転向するまで何年も弾いていました。本作『Classical Notions of Happiness』は、10年間の練習と SoundCloud の広さをゆっくりと掘り下げた結果の集大成である。「私はこれらのシングルを全部持っていて、それらを全部置くことができる場所が欲しかったの」と彼女は説明している。

アルバムのオープニングは「Remembering U」で、高校の校長先生が自殺で失った友人のために黙祷を求めた時のことを、うねるように回想しています。「今の時代、ソーシャルメディアを見れば、誰かが精神疾患と闘っているかどうかがよくわかるんだ」と Jordana は言う。「それが正常化されているので、時にはそれがあまり真剣に受け止められないことがあります。時にはお互いに関連するだけでは十分ではないことがあります」と話す。

友人の喪失だけでなく、物事はいつでも大丈夫だという若き日の観念が、『Classical Notions of Happiness』の浮き沈みを生み出しています。白昼夢は現実とぼやけ、水彩画のようなメロディーは内的な独白や観察の中に滲み出ていて、レコードの中のすべての相反する感情の中で、Jordana は揺さぶられる何かがあると確信している。「これらの曲の中には、『普通』を感じたいという常に切望があるんだ。”でも、それでも、大丈夫だと感じることにはたくさんの側面があるのよ」と彼女は言う。

このプロジェクトは過去2年間、ほとんどカンザス州の自宅でレコーディングされました。Jordana は、Twitter を通じてバンドメンバーのコナー・イーヴス(ギター)、ソフィー・エマーソン(ベース)、ウィル・エリクソン(ドラム)と出会ってから、自分自身が中西部へと不可解なほどに惹かれていることに気がついた。『Classical Notions of Happiness』に収録される3つの新曲、「Sway」、「Signs」、「Crunch」は、それぞれベッドルームレコーディングの制約を超えて、その限界を超えようとしていることを示しています。「これらの曲は元々アルバムに収録されていたものとは正反対のものだよ。違う雰囲気だけど、私はそれを再利用したかったの 」と彼女は説明する。

Jordana は、彼女の幸せの概念を、優美に揺らぎながら対処するメカニズムだと表現している。「ある時は、素朴さと、自分の存在を認めてもらいたいと思うこと。あるときは、素朴さと、自分の存在を認めてもらいたいと思うこと、そして恋をしているときにどれだけ幸せになれるか、ということ。別の時には、それを切望して、普通の感覚を取り戻す方法を見つけようとしている。」全体として、『Classical Notions of Happiness』は、青春の崖っぷちに立たされたアーティストのスナップショットと、その先に広がる広大な未知の世界を提示しています。