Ólafur Arnalds、ニューアルバム『some kind of peace』を 11/6 リリース!

アイスランドのマルチ・インストゥルメンタリスト/プロデューサー (オーラヴル・アルナルズ)、2年ぶり5枚目のニューアルバム『some kind of peace』を 11/6 リリース!同郷のシンガーソングライター JFDR をフィーチャーした先行シングル「Back To The Sky」のミュージックビデオを公開。この曲について Ólafur Arnalds は、「この数ヶ月間取り組んできたことを皆さんと共有する時が来ました。それは波乱万丈ではあったが、満足のいく旅であり、その結果、これまでで最も個人的な音楽が生まれた。これはほんの始まりに過ぎない。この曲に声を提供してくれた Jófríður に感謝します。」とコメントを寄せています。アルバムにはゲストに Bonobo、Josin、JFDR をフィーチャーした全10曲収録。本作は、生きているとはどういうことなのか、脆弱であることの勇気、そして儀式の重要性について語っている。混沌とした世界を背景に、Ólafur Arnalds のこれまでで最も内省的な音楽を通して語られる個人的な旅。

Bonobo をフィーチャーした「Loom」のMV

この曲について Ólafur Arnalds は、「昨年 Bonobo と私はアイスランドの高地を旅したりキャンプをしたりした後、数日間スタジオで過ごしたんだ。”Loom” はそのセッションから生まれた曲の一つで、時間が経ち、アルバムの残りの部分を書き始めると、何度もこの曲に戻ってきました。この曲の穏やかなエネルギーは、ニールズの美しいビデオに完璧に表現されています。