メルボルンの人力ハシエンダ・バンド NO ZU、ダブルA面シングル「Talking To A Stranger」を 9/8 リリース!

オーストラリア・メルボルンの人力ハシエンダ・バンド、抑えきれない “heat beat” コレクティブ が、オールタイム・ヒーロー Hunters & Collectors と Bryan Ferry をカバーしたダブルA面シングル「Talking To A Stranger/ Sensation」を 9/8 リリース!これらは2ndアルバム『Afterlife』(2016年)、リミックスEP『BODY2BODY2BODY』(2017年)のミュータント・パンク・ファンク以来の NO ZU の新サウンドとなっている。『Afterlife』は、NO ZU をスペインの Primavera フェスティバルに連れて行き、フランスのテレビで Transmusicales Festival のための巨大なコンサートを生中継した。『BODY2BODY2BODY』では、バンド自身の80年代アイドルである Aertain Ratio と Konk の Jonny Sender が『Afterlife』のトラックをリワークしました。バンドは Golden Plains から Expo Liaison までオーストラリアのあらゆるフェスティバルで演奏し、ステージ上には15人ものプレイヤーが並んでいました (ダンサーは含まれていません!)。彼らは ESG とのオーストラリアツアーにも参加しており、その完璧な組み合わせは非現実的としか思えない。

今もなお『Afterlife』のフォローアップ (Afterlife の次は何が来るのか?) に向けて懸命に取り組んでいる NO ZU は、オズロックのアイコンである Hunters & Collectors の「Talking To A Stranger」のスウィングバージョンと、Bryan Ferry の「Sensation」のシャープなディスコを収録した力強いスタジオレコーディングで、ライヴでのお気に入りの2曲を披露してくれました。2月に Something Unlimited フェスティバルで録音された「Talking To A Stranger」のビデオは、バンドの官能的なカリスマ性と悪名高いライブ・パフォーマンスのエネルギーを捉えている。NO ZU は、暗い汗まみれの群衆の中で自分自身を失いたいと思わせてくれ、また、あの歓喜を再び体験できるまでの間、私達を眠らせてくれます。NO ZUのトラックはいつものように、エンジニアの Nao Anzai とレコーディングされ、NO ZU の創始者でありスピリチュアル・グルである Nicolaas Oogjes が NO ZU に「N」と「O」を付け加えています。

“ダブ、ディスコ、アフロビートの楽しさを発見したポストパンクバンドのよう” – Pitchfork

“メルボルンで最もフリークな多肢アンサンブルは、パーカッシブな狂気とワイルドな X-Rated Boogie の巨匠” – The Vinyl Factory

“フリークアウトのエネルギーが放射され、ハウスのスウェットと融合している” – Vice

“NO ZU は P-FUNK の傾いたハウスジャムを提供しており、絶対的に魅力的だ” – Last Gas Station

“バハマのスタジオでトーキング・ヘッズとヤギがダブ・ディスコ・ヴァイブスを駆使して出会ったサウンド” – Test Pressing