メルボルンのダブ/ディスコ・ポストパンク・バンド NO ZU、新作EP『Heat Beat』をリリース!

2022.09.28

オーストラリア・メルボルンの “Heat Beat” アイコンである NO ZU、新作EP『Heat Beat』を 11/18 リリース!先行シングル「Liquid Love」のミュージックビデオを公開。この曲は、ボーカルの Daphne Camf が亡くなった後に再結成し、2016年以来となる新しいオリジナル楽曲です。

NO ZU は、バルセロナの Primavera Festival からメレディスの Golden Plains まで、ステージを襲撃してきました。磁力と疲れを知らない Nicolaas Oogjes に率いられた NO ZU の多肢の突然変異的パンク・ファンクは、過去10年間で進化し、オーストラリアで最も個性的で放蕩なグループの1つとなりました。

2021年に Daphne が亡くなり、メルボルン・ミュージックに大きな穴が開き、バンドは長い沈黙に陥った。そして今、彼らは彼女のグループでの最後のレコーディングを収録したEPを携えて戻ってきました。バンド自身のトレードマークであるジャンルにちなんで名付けられた『Heat Beat』は、クラシックな NO ZU です。

ダークで遊び心に溢れ、暗号のような暗示を重ね、ありえないほどダンサブルなこのEPは、NO ZU の落ち着きのない、探索的な最高の状態を示しています。2016年のセカンド・アルバム『Afterlife』では、Primavera とレンヌでの大規模なコンサートがフランスのテレビで生中継され、NO ZU はヨーロッパに渡った。

2017年リミックスEP『BODY2BODY2BODY』で『Afterlife』の楽曲をバンドの80年代のアイドル、A Certain Ratio と Konk の Jonny Sender がリワークしました。2020年には Hunters & Collectors の Talking To A Stranger と Bryan Ferry の Sensation をカバーしたダブルA面シングルをリリースし、2020年2月にラストライブを行った。

その後、Nic Oogjes はギャングスター・コンマンの分身 Cong Josie を披露し、It Records からソロ・デビュー・アルバム『Cong!』をリリース。そして今回、NO ZU は11月に行われる Chapter の30周年記念公演に再び出演し、敬愛するボーカリスト Daphne Camf との最後のレコーディングを収録した、喜びと祝福に満ちたEPをリリースすることになったのです。

『Heat Beat』ストリーミング

「ダブ、ディスコ、アフロビートの楽しさを発見したポストパンクバンドのよう」 – Pitchfork

「メルボルンで最もフリーキーな多肢アンサンブルは、パーカッシブな狂気とワイルドな X-Rated ブギーの達人だ」 – The Vinyl Factory

関連記事
イベント情報
  • LANY 来日公演

  • 若き天才ピアニスト Tony Ann の初来日公演が決定!

  • ブルーマングループ「ジャパンツアー2024」東京公演

  • eaJ (イージュ) 初来日公演

  • SONICMANIA 2024、第1弾アーティスト発表!

  • アイルランドのオルタナロック・バンド NewDad 初来日公演が決定!