USインディーズの名門 Polyvinyl に所属する47人のミュージシャンが参加したコンピ『Exquisite Corpse』がリリース!

USインディーズの名門 に所属する Pedro The Lion、American Football、Yumi Zouma、Anamanaguchi、The Get Up Kids、Katy Goodman、Owen 等47のミュージシャンが参加したコンピテーション・アルバム『Exquisite Corpse』を 9/4 リリース!世界的なパンデミックの最初の数週間は、これまでに経験したことのない感情を私たちに与えた、どの基準から見ても2020年は強烈な年でした。検疫のロックダウンと恐怖感が時間の流れを変えたのは、現在進行形ではあるが、新しい現実が沁み込んできた初期の数日間が最も鮮明であった。人々がやがて適応し、新しい言語を学んだり、パンを焼いたりするために新たに義務化されたダウンタイムを使い始める前は、世界は落ち着かずに室内で座っている間に時間が過ぎていきました。

Polyvinyl の幅広い才能が一堂に会し、暗黒の時代に何か美しいものを生み出すためのリアルタイムの実験が始まる

すべてのショーはゆっくりと一つずつキャンセルされ、ツアーやレコーディングは中止されました。すべてが無期限に保留され、時間は意味を失い、毎日が非現実的に感じられた。ロックダウンの最初の数日の間に、Rainer Maria の Kaia Fischer は、自分たちや多くのクリエイティブな友人たちが経験してきた、新たに展開する奇妙な現象を自分たちの視点で考えて、本作『Exquisite Corpse』のコンセプトを思いついた。「致命的なパンデミックは明らかにネガティブなものであり、特にインディーズの音楽シーンには壊滅的な影響を与えた。しかし、すべてを消費するほど恐ろしいと感じたことには、別の側面があるのでしょうか?パンデミックが何に良くないのかは分かっている」と Kaia Fischer は言う。

操業停止の初期に何か良いことはないかと考えるのは簡単なことではありませんでしたが、あるアイデアが次のアイデアへとつながっていきました。それは、今では Polyvinyl のアーティストは皆、同じ時間に完全に明確なスケジュールを持っているということに気付いたことから始まった。彼らもまた、退屈、不安、心配、倦怠感など様々な状態で、嵐が過ぎるのを待っていました。論理的に言えば、ほとんどの人が共同プロジェクトに参加していて、何か自分たちの気が散っているときに何かを必要としているときは、他にはないかもしれません。そこで、このプロジェクトの説明と Polyvinyl のメンバーの参加を呼びかけるメールが送られました。

4、5人のミュージシャンからなる11のチームがほぼ無作為に編成され、初対面のアーティストはもちろん、一緒に音楽を作ったこともないようなアーティストが集まったのです。各チームは遠隔地でスクラッチからオリジナル曲を制作し、各プレイヤーが共同で絵を描くというゲームのサウンドを再構築しました。この11曲には、世界各地から集まった47人のミュージシャンの才能が結集されており、その規模の大きさには驚かされます。アートワークも、シカゴ、ミネアポリス、シアトルのビジュアル・アーティストが遠隔地から協力して制作したもので、『Exquisite Corpse』らしいデザインに仕上がっています。

音楽的には、コンセプト通りのエキサイティングで予測不可能な結果となりました。異なるアーティスト間の新たな創造的な化学反応と、期待や前例のないサウンドは、プロダクション、ジャンルの実験、スタイルのカーブボールにおける大胆不敵な選択を可能にしました。煌びやかなポップスを得意とするアーティストが、よりボロボロのロッカーやアコースティックなエモバンドのフォークと仕事をした結果、期待されていた部分の総和に反した結果になることがほとんどだった。『Exquisite Corpse』には、パンデミックの発症を彩った圧倒的な不確実性の痕跡が刻まれているが、音楽は大概が陽気で、大胆で、楽しい。ノンストップのニュースサイクルやグラフの急上昇の陰鬱さを反映するだけでなく、アーティストたちは希望と探究心を表現しています。普遍的な激動の瞬間は、全世界に影を落としたが、同時に前例のない心の出会いをもたらした。

ほとんどのインディーズレーベルは、ある程度の家族的なつながりを持っていますが、Polyvinyl はその家族的な感覚の上に成り立っています。Polyvinyl は、90年代後半に中西部の密接に結びついた地域の DIY シーンから生まれましたが、それ以降の成長のすべての面で、初期の頃のつながりが反映されています。Polyvinyl のバンドは、一緒にツアーをしたり、定期的にコラボレーションをしたり、友情やアイデアの共有を何よりも大切にするレーベルの枠組みの中で活動しています。これらの曲は、そのような親密さとコミュニティの精神にズームインしています。『Exquisite Corpse』は、Polyvinyl の幅広い才能が一堂に会し、暗黒の時代に何か美しいものを生み出すためのリアルタイムの実験であり、信じられないような結果をもたらします。

Polyvinyl は、デジタルとヴァイナルを購入するごとに2ドルを MusiCares に寄付します。MusiCares は、ミュージシャンが必要としている時に、6000万ドル以上の健康、経済、リハビリテーションのリソースを提供している非営利団体です。

<bandcamp での購入はこちら>

tracklist:
1.Pedro The Lion, American Football, Nick Wilkerson, Dragon Inn 3 – Yer Brothers
2.Yumi Zouma, Pet Symmetry, Gus Lobban, Shugo Tokumaru – Somebody Else
3.Diane Coffee, Will Knauer, Aloha, Yumi Zouma – SLOW DRIVE
4.Volcano, I’m Still Excited!!, Jeff Rosenstock, Palehound, Rainer Maria – To The Beach
5.SNST, Vice Cooler, Wampire, Anamanaguchi – Whole Life Holy Death
6.Xiu Xiu, Squirrel Flower, Fred Thomas, The Get Up Kids – Do U Remember
7.Katy Goodman, Owen, Matt Pond PA, Keil Corcoran – Perfect Vision
8.Bob Nanna, Beach Slang, Tancred, Anamanaguchi – So Much To See
9.The Get Up Kids, Psychic Twin, Islands, Aloha, Anamanaguchi – Some Storms
10.Ladyhawke, Radiation City, Chris Farren, Pet Symmetry, Yumi Zouma – Lonely
11.Post Animal, Dusted, Rainer Maria, The Get Up Kids – Nude Looks