オールスター・バンド The Jaded Hearts Club、ニューアルバム『You've Always Been Here』をリリース!

The Late Late Show に出演した「I Put a Spell On You」のライブ映像公開!

2020.10.06

オールスター・バンド が待望のニューアルバム『You’ve Always Been Here』を 10/2 リリース!ニューシングル「Reach Out I’ll Be There」のミュージックビデオ、冒頭を飾る「We’ll Meet Again」の試聴が開始されました。バンドは、フロントマンの Miles Kane (The Last Shadow Puppets)、Nic Cester (Jet)、ギタリストの Graham Coxon (Blur)、Jamie Davis、ベースの Matt Bellamy (Muse)、ドラマーの Sean Payne (The Zutons) が参加したスペシャル・バンド。

ノーザンソウルの名曲、The Isley Brothers による1962年のナンバー「Nobody But Me」

デイヴィスが自分の誕生日に The Beatles のバンドをやりたいと思ったことがきっかけで、2017年に結成された。「1/2 のまともなミュージシャンの友人の束を知っていたから、60年代初期のビートルズバンドを結成しないかと誘ったんだ。みんなとても楽しかったから、またやろうと決めたんだ」と語る。彼らの2回目のギグは、ステラ・マッカートニーがバンドに彼女のファッションショーの演奏を依頼した時に起こった。クインシー・ジョーンズ、ケイティ・ペリー、ジェームズ・コーデン、リンゴ・スターという A-list の観客を前に、ポール・マッカートニーはステージを歩き、「I Saw Her Standing There」と「Helter Skelter」でハーツをリードした。

Marvin Gaye のカバー曲「This Love Starved Heart of Mine」のリリックビデオを公開!

冒頭を飾る「We’ll Meet Again」のリリックビデオを公開!

次はSXSW、Muse のスタジアム・ショーの後にシカゴで行われた深夜のギグ、ロイヤル・アルバート・ホールでの Teenage Cancer Trust、ロンドンの100クラブで60年代のイギリスの名曲を演奏した。ベラミーとデイヴィスはアルバム制作に取り組み始め、ベラミーがプロデュースを担当し、失われたノーザン・ソウルの名曲に焦点を当て、有名なスタンダードに生のソウルフルなアレンジを加えたものを制作した。古い曲を再発明するジャズのように、私たちはビートルズやストーンズのようなバンドがどのようにして始めたかという伝統を引き継いでいます。素晴らしいソウル&ブルースのスタンダードを見つけて、より現代的なスタイルでレコーディングを行った。

収録曲「Love’s Gone Bad」のMVを公開!

収録曲「I Put A Spell On You」のMVを公開!

tracklist:
1. We’ll Meet Again
2. Reach Out I’ll Be There
3. Have Love Will Travel
4. This Love Starved Heart Of Mine (It’s Killing Me)
5. Nobody But Me
6. Long and Lonesome Road
7. I Put A Spell On You
8. Money (That’s What I Want)
9. Why When The Love Has Gone
10. Love’s Gone Bad
11. Fever