Yo La Tengo が Bandcamp を開設し新たな音源を連続リリース!

Yo La Tengo

米ニュージャージーで結成されたインディーバンド (ヨ・ラ・テンゴ) が Bandcamp を開設し、新たな音源「James and Ira demonstrate mysticism and some confusion holds (Monday)」、「Georgia thinks it’s probably okay (Tuesday)」、「James gets up and watches mourning birds with Abraham (Wednesday)」、「Georgia considers the two blue ones (Thursday)」をリリースしました。楽曲のタイトルにはカッコ () で曜日が明記されており、今週続けてリリースが予想されます。

メンバーの Ira Kaplan はこの曲について以下のように話ています。

ホーボーケンのリハーサル・スペースで一緒に過ごしたことがある人なら、僕らが形のない演奏をしているのを聞いたことがあるだろう (彼は「即興」という言葉を避けようとしている)。過去25年間に書いてきた曲のほとんどは、そのような形で始まっているが、外の世界を押しのける以外の理由でそうしていることが多い。

4月下旬、外の世界がみんなに重くのしかかっている中で、マーフィー知事が定めたルールに背くことなく、3人でホーボーケンに集合できると判断し、再開しました。”練習” といっても、それ自体は何の練習もしていないし、とにかく何のために練習しているのかというと、「演奏」のための練習なのだ。ジェームスは、将来のために何か役に立つことがあるかもしれないと思って、部屋の真ん中にマイクを一つ設置した。その代わりに、今やったことを発表することにしたんだ。

ー Ira Kaplan