Owen Pallett、オーケストラを従えた6年振りのニューアルバム『Island』をサプライズ・リリース!

Owen Pallett

作曲家でソングライターの Owen Pallett (オーウェン・パレット) が、オーケストラを従えた6年振りのニューアルバム『Island』をサプライズ・リリース!新曲「A Bloody Morning」のミュージックビデオを公開しました。ファイナル・ファンタジー名義でアーティスト活動をスタートさせた後、アーケイド・ファイアのグラミー賞受賞作等多くの作品でストリングス・アレンジを手掛け注目を集めたオーウェン・パレット。2009年からは本名のオーウェン・パレット名義で作品を発表するようになり、フランク・オーシャンやシガー・ロス、さらにテイラー・スウィフトやリンキン・パーク等全米英1位獲得作でもアレンジを担当。ホアキン・フェニックス主演、スパイク・ジョーンズ監督の映画『her/世界でひとつの彼女』(2013)では音楽を手がけ、第86回アカデミー賞作曲賞にもノミネートされた経歴を持つ。本作『Island』は、2014年のアルバム『In Conflict』以来、6年振りのアルバムとなる。

収録曲「A Bloody Morning」のMV公開!

本ビデオは、パンデミックの最中に考案・監督された「A Bloody Morning」のビデオは、映像作家のヴィンセント・ルネ・ロルティと振付師のブリトニー・カンダによって制作された。6歳から72歳までの幅広いダンサーたちが、家のリビングや寝室、厳重にロックされた介護施設など、隔離された中でダンスする様子が撮影されている。映像について「正直言って、最初はこのコンセプトには気が乗らなかった。隔離施設をただ面白がってるようになるのが心配で、断ったんだ」とオーウェンは説明する。しかし、監督の熱意に最終的には納得し、プロジェクトは進められた。

アルバム『Island』ストリーミング

完成間近の映像を見た瞬間「心を打たれた」とオーウェンは続け、「ビデオを見たときのカタルシスが信じられなかったし、それが曲に完璧にフィットしていて、この映像を見ることが、自分にとってどれだけ意味深いもので、また必要なことだったかということに打ちのめされてしまったんだ」と語っている。

仄暗い和音で幕を開け、ほぼ全体がアコースティック作品となっている本作『Island』は、ロンドン・コンテンポラリー・オーケストラと共にアビー・ロード・スタジオでレコーディングされた。またクラシック音楽の教育を受けてきたパレットが、今回初めて、ステージで再現できるかどうかを憂慮することなく、アルバムを制作したことも本作を特徴づけている。冒頭の和音は、見知らぬ土地の岸辺で一人で目を覚ます時の音が表現され、その後に広がるのは、『Heartland』(2010)の色鮮やかなサウンドから、3ピース体制で制作された前作『In Conflict』を特徴づけた指弾きのギター・サウンドまで、パレットのディスコグラフィーのハイライトが凝縮されたような、きらびやかで甘美なオーケストラ・アルバムだ。

■リリース情報
label: Domino
artist:Owen Pallett
title: Island
release date: 2020/05/22 FRI ON SALE

tracklist:
01. —> (i)
02. Transformer
03. Paragon Of Order
04. —> (ii)
05.The Sound of The Engines
06. Perseverance Of The Saints
07. Polar Vortex
08. —> (iii)
09. A Bloody Morning
10. Fire-Mare
11. Lewis Gets Fucked Into Space
12. —> (iv)
13. In Darkness
14. Paragon Of Order (version)
15. Fire-Mare (version)