ポスト・クラシカルのパイオニア、Sylvain Chauveau がニューアルバム『Life Without Machines』を 4/17 リリース!

Sylvain Chauveau

極限まで研ぎ澄まされた静謐さと点描的な美しさを追求したポスト・クラシカルのパイオニア、 (シルヴァン・ショーボー) がニューアルバム『Life Without Machines』を 4/17 リリース!CDは新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受け、5/27 に発売が延期されることに。フランスの作曲家 の新しいアルバム『Life Without Machines』は、アメリカの画家バーネット・ニューマンの抽象画「十字架の道行き」シリーズを視覚的な楽譜として使用した短編作品集。

Sylvain Chauveau は静けさとスロウネスを重視し、エレクトロニクス、ピアノやギターといった楽器、時にはボーカルを用いた非常にミニマルな作風で知られ、世界各国でコンサート、リリースを重ねてきました。ニューアルバムのタイトルは、私たちの生活が、エネルギーの永続的で膨大な使用を必要とする機械によって成り立っている、という事実を表現しています。フランス人ピアニストの Melaine Dalibert による冷たく研ぎ澄まされた演奏と、洗練を極めたSylvainのエレクトロニクスが美しく連動し、初期のモダン・クラシカルから近年の実験音響まで、彼のキャリアを包括したような集大成的作品に仕上がっています。
アルバムのライナーノーツはUbuWebの主宰で知られるKenneth Goldsmith。

フランス生まれの現代作曲家 Sylvain Chauveau

1971年フランス生まれの現代作曲家。初期のモダン・クラシカル傑作群やFatCat、Typeからリリースされている静謐なピアノ作品、自身がボーカルを務めたDepeche Modeのカバーアルバムなどで知られ、アコースティック楽器、電子楽器、そして時には声を使って、静寂とゆったりとした空間を重視したミニマルな構成を特徴としている。またソロ名義の他にEnsemble 0、Arcaなどのプロジェクトでも勢力的に活動する彼の音楽は、エレクトロニカ、音響、 実験音楽、ポスト・クラシカルなど様々な文脈で語られている。

■リリース情報
タイトル:Life Without Machines
アーティスト:Sylvain Chauveau
デジタル発売日:2020年4月17日
CD発売日:2020年5月27日
tracklist:
1 o
2 t s
3 or
4 d
5 e
6 w
7 bl
8 q
9 u
10 nd
11 r
12 (fa