デヴィッド・ムーア率いる室内音響アンサンブル、Bing & Ruth 新作『Species』を 7/17 リリース!

収録曲「Live Forever」のMVを公開!

2020.05.13

Bing & Ruth

Photo by Tonje Thilesen

デヴィッド・ムーア率いる室内音響アンサンブル、Bing & Ruth (ビング・アンド・ルース) がオンラインフェス「Sea Change Goes Online」で新曲と未発表曲の演奏を披露。〈4AD〉の期待の新鋭バンド、Dry Cleaning (ドライ・クリーニング) も演奏動画を公開!NYブルックリンのピアニスト兼コンポーザー、デヴィッド・ムーアを中心とした不定形な室内音響アンサンブル・プロジェクト、Bing & Ruth がイングランド南西部デヴォンで開催される予定だったものの新型 コロナウイルスの影響でキャンセルされた人気の音楽フェス Sea Change のオンライン版「Sea Change Goes Online」で新曲と未発表曲の演奏を披露した。その神秘的なサウンドに加え、暗闇の中で演奏するデヴィッドの姿が非常に幻想的な映像となっている。ま た、今回の企画には〈4AD〉期待の新鋭バンド、Dry Cleaning も参加している。

Bing & Ruth は3年ぶりの最新作 『Species』を7月17日にリリースする。今回の「Sea Change Goes Online」でも披露された最新シングル「I Had No Dream」のMVも既に公開されている。実に3年ぶりの最新アルバム『Species』はファルフィッサ・オルガンの音響を全面的に探求し、初期か らのメンバーであるジェフ・ラトナー(Ba) とジェレミー・ヴァイナー(Clarinet) と共にテキサス西部にある砂漠とぺカン農園があるSonic Ranch Studioでレコーディングが行われた。

今回のアルバムは、NYからカリフォルニア州ポイント・デュムに短期的に移住したムーアが、その地の砂漠と 自身がこよなく愛する長距離ランニングからインスパイアされ、そこから得た“超越的状態”を再現し体現する 作品となっている。また作曲時には普段の生活と全く違った場所へ意図的に自分を置き、方向感覚や規模感、時 間の感覚を敢えて失わせ、そこから生まれる孤立を音に反映させていった。鳴り止むことのないオルガンの温か なエレクトロニクスと反復する電子音が邂逅し、ジャケットの壮大な砂漠の地平線に沈みゆく太陽の情景が思い 浮かぶような神秘さも感じることができる。最新作『Species』は7月17日にリリースされる。国内盤CDには、解説が封入されるほか、ボーナス トラックを追加収録予定。現在iTunes Storeでアルバムを予約すると、既に公開されている「I Had No Dream」がいち早くダウンロードできる。

■リリース情報
label: BEAT RECORDS / 4AD
artist: BING & RUTH
title: Species
release date: 2020/07/17 FRI ON SALE
国内盤CD 4AD0187CDJP ¥2,200+税
国内盤特典:解説書封入 / ボーナストラック追加収録予定