ロンドンの新鋭エクスペリメンタルポップ・アーティスト Lauren Auder、セカンドEPを『two caves in』を 3/5 リリース!

Lauren Auder

南フランス育ちで現在はロンドンを拠点に活動する、中性的な美しさと独特の世界観で注目を集める21歳のエクスペリメンタル・ポップ・アーティスト、 がセカンドEPを『two caves in』を 3/5 リリース!ニューシングル「meek」のミュージックビデオを公開しました。Lauren は10代の頃より楽曲制作を開始。これまでに英ラッパーの Slowthai をはじめ、アイスランドのヒップホップ/エレクトロニック・プロデューサーの LORD PUSSWHI P等、新進気鋭のアーティストの楽曲に参加。2018年にはヒップホップ、ポスト・ロック、ノイズ音楽を織り交ぜたデビューEP『Who Carry’s You』を発表し、その独特な存在感がファッション界の目に留まり Gucci や Celine のモデルに抜擢されるなど、活動の幅を広げている。

ニューシングル「meek」のMV

収録曲「june 14th」のMV

2年ぶりに発表されたEP『two caves in』は英国の詩人/画家のWilliam Blakの詩に影響を受けて制作された。クラシックやポスト・ロックをポップ音楽の構造に落とし込み、毒々しくも優美な世界を描き出している。同作には先行配信中のシングル「june 14th」を含む全5曲が収録されており、本日新たに「meek」のミュージック・ビデオが公開された。イギリス郊外の古い屋敷にて撮影が行われ、映像では人が成長していく過程で通る”無邪気さ”と”新たな経験”の間で苦悩する様子が描き出されている。

■リリース情報
EP『two caves in』
2020年3月5日(金)発売(デジタルにて)
tracklist:
1. june 14th
2. meek
3. laurels
4. the shepherd
5. in god’s childlike hands