Klaxons のフロントマン James Righton、ソロ・デビューアルバム『The Performer』を来年 3/20 リリース!

ロンドンのニューレイヴ・バンド Klaxons のフロントマン (ジェイムズ・ライトン) がソロ・デビューアルバム『The Performer』を来年 3/20 リリース!表題曲「The Performer」のミュージックビデオを公開しました。アルバムは、ライトンの Klaxons との作品のエレクトロ的快楽主義とはまったく対照的です。代わりに、1970年以降のさまざまなポイントをスピンします。Roxy Music の落ち着いたアートラウンジ、R.E.M. のジャングリーグルーブ、後期 Beach Boys の豪華なサイケデリック、Nick Lowe のソングライティングに触れています。要するに、2019年に自然にフィットする何かの基礎として古典的な要素を使用します。

収録曲「Devil Is Loose」の試聴が開始!

タイトルトラックのMVに描かれているように、ライトンが「The Performer」の役割を果たしていることが視覚的にわかります。DEEWEE で Hugo Campan が撮影したこの映画は、定番の魅力を定型化したものです。ライトンのカリスマ的なパフォーマンスは、彼の古典的な白いグッチスーツと一連のビンテージ装備にマッチしています。また、アルバムをサポートする彼の今後のショーの舞台セットの基礎を形成します。

ミュージックビデオの基礎としてライブパフォーマンスを使用するというアイデアに本当に興味がありました」と Hugo 氏は説明します。「ジェームズの歌の演奏を録音して、ライブショーにできるだけ近づけるようにしました。私は、ビデオが最も実存的なポイントである音楽とは何か、人間のパフォーマンスとライブ体験を掘り下げてほしかった。ジェームズは素晴らしいショーマンです。彼はとても多くのエネルギー、態度、スタイルを持っています。ユニークなものを作成するために43連続テイクを撮影し、プロセスの終わりまでに、一種の抽象的なシュールなMTVパフォーマンスに移行しました。

少数の場所、特にライトンのホームスタジオであるブライアンフェリーのスタジオワンで録音されました。その後、ベルギーのゲントにある DEEWEE の David と Stephen Dewaele によってミックスが行われた。

tracklist:
1.The Performer
2.Edie
3.See The Monster
4.Devil Is Loose
5.Lessons In Dreamland, Pt. 1
6.Start
7.Are You With Me?
8.Heavy Heart
9.Lessons In Dreamland, Pt. 2