元Klaxons の James Righton、セカンドアルバム『Jim, I'm Still Here』をリリース!

2022.04.27

James Righton

元Klaxons の James Righton (ジェームズ・ライトン)、ソロ・セカンドアルバム『Jim, I’m Still Here』を 7/8 リリース!ABBAの元メンバー Benny Andersson (ベニー・アンデション) をフィーチャーした先行シングル「Empty Rooms」を公開しました。2020年にリリースされたデビューアルバム『The Performer』に続く、James Righton のソロ名義となるセカンド・アルバム『Jim, I’m Still Here』は、Soulwax の David と Stephen Dewaele をプロデュースに迎え、彼らのレーベル Deewee からリリースされます。

収録曲「Never Give Up On The City」のビジュアライザーを公開!

ジェームスの音楽的過去はよく知られており、ジャンルを発明した Klaxons のフロントマンとして、英国音楽の革命を起こし、若者のサブカルチャーを生み出した。『Jim, I’m Still Here』は、アーティストがパンデミックを体験し、無数の感情や出来事を魅力的な三人称の物語に概念化しようとする、魅惑的な瞑想の作品である。アルバム収録曲のひとつには、スウェーデンの伝説的ポップバンド ABBA の Benny Andersson が参加しており、ジェームズは彼らの新しいライブバンドを結成するために一緒に働いています。

収録曲「Lover Boy」のビジュアライザーを公開!

『Jim, I’m Still Here』ストリーミング

『Jim, I’m Still Here』のショートフィルムを公開!

Julian Klincewicz と Jackson Sjogren が監督した短編映画を公開。James Righton は、ニューアルバム『Jim, I’m Still Here』に合わせて、このフィルムを公開しました。ポスト・クラクソンズとして3作目となる本作で、ライトンは家庭的な雰囲気を払拭し、贅沢なロックスターの分身であるジムを体現している…。

前作『The Performer』のプロモーション中、監禁されていた最初の週に Jim という分身を思いついたんだ。同時に、『The Performer』のプロモーションもしなければならなかった。様々なソーシャルメディアを通じて、コンサートのライブストリーミングを依頼されることが多くなりました。そこで 子供たちを寝かしつけ、階下のガレージスタジオに向かい、グッチスーツを着て、別人になるんです。この2つの生活の並置は、極端な感じがしましたが、私にとっては興味深いものでもありました。私は Jim を創りました。Jim は、ガレージで空想にふけるロックスター。ジェームズは父親だ。

と Righton は Noisey に語っている。

はっきり言って、Jim と James はどちらも僕だ。Jim は私の誇張された半フィクションのバージョンです。James は夕食を作り、子供たちに就寝前の物語を読み聞かせる。Jim は外部からの評価、いいね、フォロワー、プレイリストへの追加を切望している。しかし、実際には、Jim と James を完全に切り離すことはできません。この二重性のバランスと常に変化する性質が、私は果てしなく魅力的だと思うのです。

関連記事
イベント情報
  • Miles Kane (マイルズ・ケイン) 来日公演

  • Tones And I 来日公演

  • FUJI ROCK FESTIVAL '24

  • While She Sleeps 来日公演

  • Chris James (クリス・ジェームズ) 初来日公演

  • RAVEN & NIGHT DEMON 来日公演