Tame Impala、ニューアルバム『The Slow Rush』を来年 2/14 リリース!

先行シングル「It Might Be Time」の試聴が開始!

2019.10.29

Tame Impala

Photo by Neil Krug

オーストラリアのサイケロック・バンド 、”時の流れ” を表現したニューアルバム『The Slow Rush』を来年 2/14 リリースをアナウンス!オフィシャルサイトで公開されていた予告映像に加え、先行シングル「It Might Be Time」の試聴が開始されました。この曲に関して New York Times は、”ダイナミックなプログレポップで、脈のように刻むキーボードのグルーヴに叩きつけられるドラム、絶やされることのないファンク・・・これぞ 2020″ と称賛している。アルバムにはシングル「Borderline」を含む全12曲を収録。各種パッケージのプレオーダーもオフィシャル・ショップで開始されています。2015年の前作『Currents』リリース以降、Tame Impala は忙しい日々を送っており、フロントマンのケヴィン・パーカーは、Lady Gaga や Mark Ronson、Theophilus London、ZHU など多数のアーティストとコラボレーションを行っています。2019年にはニューシングル「Patience」と「Borderline」発表、アメリカのサタデー・ナイト・ライブ、コーチェラのヘッドライナー出演も話題となりました。

新作『The Slow Rush』は、ロサンゼルスと Kevin Parker (ケヴィン・パーカー) のホームタウンであるオーストラリアはフリーマントルのスタジオでレコーディングされ、Kevin Parker 自身がアルバムに収録予定の12曲のプロデュースとミックスを手掛けている。New York Times のインタビューで、Kevin Parker は次のように語っている「収録される楽曲の殆どが “時の流れ” を表現しているんだ。これまでの人生が流れるように目に映っては、今後の人生が鮮明に見えてくる様な・・・。この “時の流れ” に心が奪われているんだ。」また、アルバムのジャケット写真は、フォトグラファーの Neil Krug とのコラボレーションであり、取り囲む環境に、瞬く間に吸い込まれる人間性を表現しているとのこと。

The Slow Rush [12 inch Analog]
The Slow Rush [12 inch Analog]

posted with amazlet at 19.10.29
Tame Impala
Fiction (2020-02-14)