The Orielles、セカンドアルバム『Disco Volador』をリリース!

UKハリファックス/リヴァプール出身の姉妹率いる4人組インディーロック・バンド (オリエレス) がセカンドアルバム『Disco Volador』を Heavenly Recordings から 2/28 リリース!先行シングル「Come Down On Jupiter」のミュージックビデオを公開しました。本作『Disco Volador』では、4人組がアストラル・トラベラーとして音の地平線を極限まで押し上げ、プログレッシヴなストラト・ポップ・シンフォニーの鋭いコレクションを通して、メロディックな空の道をヒッチハイクして時空連続体から逃れようとしている。映画のようなサンバ、70年代のディスコ、ディープなファンク・ブギー、ダンサブルなグルーヴ、さらには90年代のアシッドハウスを彷彿とさせるような『Disco Volador』は をより高い無重力軌道へと駆り立てています。

収録曲「7th Dynamic Goo」のMV公開!

わずか12ヶ月の間に書かれ、レコーディングされたこの作品は、デビューアルバム『Silver Dollar Moment』の成功を受けて、彼らのスピード感溢れる勢いを表現しています。『Disco Volador』のライブラリカタログのような雰囲気は、イタリアの映画音楽の巨匠 Sandro Brugnolini や Piero Umiliani、中東の Khruangbin や A ltin Gün のような音楽を聴きながら、バンドが音楽の発見のプールを広げていることに由来しています。ブギーから宇宙へ、空間からブギーへ、というコンセプトのインストゥルメンタルを中心に構成された『Disco Volador』のエネルギーは、緊張と解放のメロディックな分裂から生まれています。繰り返されるモチーフは、地球の天空の大気だけでなく、その隙間に何が起こるのか、また、音の操作がいかにリスナーを運んだり、場所を変えたりする力を持っているのか、という空間を探求しています。

アルバム『Disco Volador』のストリーミング

『Disco Volador』の映画のような構造は、事実からフィクションへと流れていきます。その物語は、明晰な夢のシークエンスのサウンドトラックになるのと同じように、覚醒している生活から簡単に切り取られる。世界の未来と現在の宇宙の荒れ地がどうなっているのかは、今のところ不明だが、The Oriellesのニューアルバムは、その足でダンスフロアに必要な4つの音を響かせている。アルバムのプロデュースは前作に引き続きジーニアス Marta Salogni を起用、マスタリングはエジプトのエンジニアで Björk、Slowdive、Ryuichi Sakamoto など名だたるアーティストを手がける Heba Kadry が担当している。2018年のデビューアルバム『Silver Dollar Moment』以来2年ぶりのスタジオアルバム。

Disco Volador
Disco Volador

posted with amazlet at 20.01.06
rough trade Distribution GmbH / Herne
売り上げランキング: 46,603