Bombay Bicycle Club、ニューアルバム『Everything Else Has Gone Wrong』をリリース!

6 Music Festival 2020 に出演したライブ映像が公開!

2020.03.10

ロンドンのインディーロック・バンド (ボンベイ・バイシクル・クラブ) が約6年ぶりのニューアルバム『Everything Else Has Gone Wrong』を Caroline International / Island Records から 1/17 リリース決定!先行シングル「Eat, Sleep, Wake (Nothing But You)」のミュージックビデオを公開しました。バンドは2019年の1月にバンドの休息を終え、2019年の後半には新しい音楽も録音する予定でコンサートを行うことをアナウンスしました。同年3月にはロンドンの Konk Studios でアルバム制作を開始させ、大部分はLAのグラミー賞受賞プロデューサー John Congleton (St. Vincent、Sharon Van Etten、The War on Drugs) とともにアメリカでレコーディングを行いました。

収録曲「Everything Else Has Gone Wrong」のMV公開!

収録曲「Racing Stripes」のMV公開!

レコードのタイトルについて、ボーカリスト/ギタリストのジャック・ステッドマンは次のように説明します。「これは、必要な時に音楽に目を向けた人のためのアルバムです。音楽を聴くことや音楽を演奏することで得られる慰めのことです。個人的には、他の人に自分を表現できず、会話が不満や誤解を感じているというフラストレーションがあります。音楽は私が本当に自分自身を表現できる方法です。」マーキュリー音楽賞にノミネートされた2014年の前作『So Long, See You Tomorrow』以来通算5枚目のスタジオアルバム。

収録曲「I Can Hardly Speak」のリリックビデオを公開!

収録曲「Is It Real」のMV公開!

アルバム『Everything Else Has Gone Wrong』のストリーミング

バンドは2019年1月に発表したメッセージで、3年間の活動休止を経て新しい音楽を作り、活動を再開することをアナウンスした。アナウンス・メントの中でバンドは「同じ部屋で再び演奏できることを素晴らしく感じ、未来への新たなエネルギーと熱意を与えてくれました。」と語っています。2019年7月にはデモ音源集『Demos 2004-2008』も発表しています。