Bombay Bicycle Club、Vevo に出演したスタジオライブ映像が公開!

2023.10.26

UKのロックバンド Bombay Bicycle Club が Vevo に出演した最新アルバム『My Big Day』から「Meditate」、「Turn The World On」のスタジオパフォーマンスを披露!Bombay Bicycle Club はデビュー当初から、複雑なメロディーを原始的なインディー・ロックにパッケージする不思議な才能を持っていた。2009年のデビュー・アルバム『Always Like This』では、ベーシストのエド・ナッシュとギタリストのジェイミー・マッコールによる対位法のレッスンが聴ける。翌年のアコースティック寄りのアルバム『Flaws』では、美しくシンプルな「Dust on The Ground」に続き、「Ivy & Gold」はきらびやかなジグで、思わず自分のギターを手に取り、その複雑なメロディーを爪弾きたくなる。

2000年代のインディー黄金期は野心的なソングライティングに代表されるように、ロンドンの4人組は、角ばったアングスティックで、それでいてみずみずしく、実にかわいらしい曲でそれを体現していた。『A Different Kind Of Fix』では、ヴォーカリスト兼ギタリストのジャック・ステッドマンがハーモニー、ファルセット、サンプル、シンセを使った実験的なパスティーシュを披露し、素晴らしいベースとギター・ラインのためのスペースを残している。例えば、「Lights Out, Words Gone」や「Shuffle」

そのアルバムから10年以上経った今、彼らは相変わらず力強い。2020年のシフティーでクランチー、そして催眠術のような『Eat, Sleep, Wake (Nothing But You)』は、Spotifyで6,000万回以上のストリーミングを誇っている。私たちは、彼らの6枚目のスタジオ・アルバム『My Big Day』から4曲をキャプチャーした。このプロジェクトで彼らは友人たちを招待した、デイモン・アルバーン、ニルファー・ヤンヤ、ジェイ・ソム、チャカ・カーン(!)、ホリー・ハンバーストーンだ。しかし、私たちのスタジオでは、コア4人がベストを尽くした。各メンバーのためのスペースを作り、リフを交換し、リスナーを魅了した。

関連記事
イベント情報
  • Turnstile (ターンスタイル) の東京/大阪公演

  • USインディーロック・バンド Real Estate の来日公演が決定!

  • SONICMANIA 2024、第1弾アーティスト発表!

  • Jorja Smith (ジョルジャ・スミス) 来日公演

  • VAULTBOY (ボルトボーイ) 初来日公演

  • Yes (イエス) デビュー55周年記念公演の開催が決定!