アンデスの古代音楽に影響を受けたチリのバンド Föllakzoid、新作『I』を 8/1 リリース!

チリ・サンティアゴ出身の3人組、アンデスの古代音楽に影響を受けたバンド Föllakzoid、ニューアルバム『I』を Sacred Bones Records から 8/1 リリース!収録曲「IIII」の試聴が開始されました。本作は各レコードをより少ない要素でより長い時間を埋めることを目指している。バンドのクリエイティブな視点は、作家と物語の両方のパラダイムを解消する時空間メトリック構造を作るために、視覚的にも音楽的にも利用可能な物理的およびデジタルフォーマットと概念を形作る物語的および音楽的知識を学ぶことについて常にありました。

アルバム『I』の試聴が開始!

「私たちは以前の試みよりもこれらの曲の中で私たちの音とメトリクスのアイデンティティをもっともっと見つけました」と、ギタリスト/シンガーの Domingæ Garcia-Huidobro は説明します。フルバンドでシングルテイクで行われた過去の Föllakzoid レコードとは異なり、このレコードは60以上の別々のステム・ギター、ベース、ドラム、シンセサイザー、そしてボーカルから構成するのに3ヵ月かかっている。バンドもプロデューサーも、構造的なビジョンは主に距離や音の空間シフトを形作らなかったが、両方とも構造を形成している各部分にはごくわずかに存在していた。「私たちは、この非合理的な音の芸術様式とそのエネルギーによって導かれる経験を共有するために私たちに参加することを勧めます。」と Domingæ は付け加えました。