The National が8枚目となるニューアルバム『I Am Easy to Find』を 5/17 リリース!

昨年グラミー賞を受賞し、名実ともにインディーロック・バンド代表の座にのし上がった (ザ・ナショナル) が短編映画とリンクした異色のニューアルバム『I Am Easy to Find』を 4AD から 5/17 リリース!アメリカの映画監督 Mike Mills (マイク・ミルズ) が手掛けたアルバムの予告映像が公開されました。アルバム冒頭を飾る先行シングル「You Had Your Soul With You」では、約20年間にわたり David Bowie のベーシストを務めた Gail Ann Dorsey (ゲイル・アン・ドロシー) をフィーチャーしている。

先行シングル「You Had Your Soul With You」の試聴が開始!

1999年にNYブルックリンで結成された The National は、2017年末に7thアルバム『Sleep Well Beast』をリリース。同アルバムで第60回グラミー賞の最優秀オルタナティブ・ミュージック・アルバム部門を受賞し、最優秀レコーディング・パッケージ部門にもノミネートされた。更に全英チャートでは第1位、全米チャートでは第2位に輝いたほか、各メディアのベスト・アルバム・オブ・ザ・イヤーにも選出され、辛口評価で知られる米音楽メディア Pitchfork でも Best New Track を獲得、ここ日本でも高く評価された。

今回発表されたアルバム『I Am Easy To Find』は、アルバム名と同じ「I Am Easy To Find」と名付けられた短編映画と合わせてリリースされる。同映画は『I Am Easy To Find』にインスパイアされた作品で、音楽はザ・ナショナルが手掛けているほか、アカデミー賞にノミネートされた経歴を持つマイク・ミルズ(「20センチュリー・ウーマン」「人生はビギナーズ」)が監督、主演はアカデミー賞助演女優賞を受賞したアリシア・ヴィキャンデル(「リリーのすべて」「トゥームレイダー」)が務めている。映画を手掛けたミルズは、この共同プロジェクトを「お互いのことを真似し合うことが大好きな、遊び心と敵対心を持った兄弟のよう」と表現する。また同じビジョンを共有しているとはいえども、アルバムのための映画という訳でもなく、アルバムが映画のためのサウンドトラックという訳でもないと説明している。

最新アルバムは、そのほとんどがNY北部の郊外ハドソン・バレーでレコーディングされたほか、パリ、ベルリン、ダブリンなど各地でもレコーディング・セッションが行われた。ニュージャージー出身のシャロン・ヴァン・エッテン、アイスランド出身の Lisa Hannigan (リサ・ハニガン)、Sharon Van Etten、フランス出身の Mina Tindle (ミナ・ティンドル)、This Is the Kit の Kate Stables (ケイト・ステイブルズ)、Brooklyn Youth Chorus など実力派の女性シンガーソングライターなどがボーカルに参加している。国内盤は、ボーナストラック1曲が追加収録され、歌詞対訳、ライナーノーツが封入される。バンドは6月より、Courtney Barnett と Alvvays をサポートアクトに迎えワールドツアーに旅立つ。