MUTEの新人 K Á R Y Y N、ダレン・J・カニンガム制作の人工知能 Young Paint とコラボした新曲をリリース!

K Á R Y Y N

海外プレス絶賛、MUTE が送り出す期待の新人エレクトロニック・プロデューサー/ヴォーカリスト (カーリーン) がダレン・J・カニンガム制作の人工知能 Young Paint (ヤング・ペイント) とコラボした新曲「TILT」を配信リリース!ヤング・ペイントは、英音楽プロデューサーのダレン・J・カニンガムがゴールドスミス・カレッジのデジタル学部とともに、音楽解析とパフォーマンス双方をこなすために作られた、いわゆる “AI=人工知能” プログラムである。今回、ダレン・J・カニンガム、ヤング・ペイントそれに の3者によって、ノイジーなデジタルサウンドにソフトなボーカルが融合した新曲「TILT」が制作された。なお同楽曲はデジタル配信のみで発売され、3月に発売される のデビュー・アルバムには収録されない。

実に7年を超える歳月をかけて完成したデビュー・アルバム『The Quanta Series』(3月29日発売)は、K Á R Y Y N が自己啓発ために世界中を旅してきた移動の軌跡である。家族間の思い出、悲しみ、愛情、それに量子力学や人間同士がお互いに及ぼす影響などをテーマとして取り上げている。日本盤ボーナス・トラックには、昨年ピッチフォークのベスト・ニュー・トラックを獲得した「MOVING MASSES」が収録される。