Mount Kimbie、最新作『Love What Survives』のリミックス作品のリリースを発表!

Mount Kimbie

、最新作『Love What Survives』のリミックス作品のリリースを発表!リミキサーはニーナ・クラヴィッツ、マルセル・デットマン、エレン・エイリアン、ゲルト・ヤンソン!ニーナ・クラヴィッツが手がけた「Blue Train Lines」のリミックスが公開!

昨年最新アルバム『Love What Survives』をリリースし、yahyel を従えた JAPAN ツアーや朝霧JAM出演も話題となったマウント・キンビーが、2つのリミックス12″作品のリリースを発表!リミキサーには、ニーナ・クラヴィッツ、マルセル・デットマン、エレン・エイリアン、ゲルト・ヤンソンというクラブ・ミュージック・シーンのビッグネームたちが名を連ねている。今回の発表に合わせて、ニーナ・クラヴィッツが手がけた「Blue Train Lines」のリミックス音源が公開された。

「Four Years And One Day (Marcel Dettmann Remix)」が公開!

5月4日に『Remixes Part 1』が12インチでリリースされ、こちらには公開された「Blue Train Lines (Nina Kraviz Main Mix)」のオリジナル・バージョンの他、二つのDJツール・バージョンを収録。翌週11日にリリースされる『Remixes Part 2』には、「Four Years and One Day」のマルセル・デットマン・リミックスと、ゲルト・ヤンソン・リミックス、そしてエレン・エイリアンによる「T.A.M.E.D」のリミックスの3曲が収録される。デジタル配信は5月11日に同時解禁となる。