クイーン・オブ・フューチャー・ソウル、Janelle Monáe が新作『Dirty Computer』をリリース!

Zoë Kravitz をフィーチャーした「Screwed」のMV公開!

2019.01.08

クイーン・オブ・フューチャー・ソウルことテキサス出身の女性R&Bシンガー Janelle Monáe (ジャネール・モネイ) がニューアルバム『Dirty Computer』を 4/27 リリース!アルバムより「Make Me Feel」、「Django Jane」2曲の新曲ミュージックビデオを同時公開しました。過去2枚のアルバムは音楽メディアから大絶賛、グラミー賞にも6度ノミネートされるなど、ソウル、R&B、ファンク、ポップ、オルタナティヴを超越する彼女のハイブリッドでフューチャリスティックな音楽性は今作も変わらず。

収録曲「PYNK」のMV公開!

リリースに先立って配信されていた4曲(「メイク・ミー・フィール」、「ジャンゴ・ジェーン」、「ピンク(feat.グライムス)」、「アイ・ライク・ザット」)を除き、完全にシークレットとなっていたアルバム収録曲もようやく4/25に公開されたが、そこには驚くべきゲスト・アーティストが!ビーチ・ボーイズのメンバーにしてアメリカ音楽界の巨匠であるブライアン・ウィルソン(TK①「ダーティー・コンピューター」)をはじめ、レニー・クラヴィッツと女優リサ・ボネットの娘で、女優として活躍する一方、自らのバンドエレベーター・ファイトを率いて音楽活動も行っているゾーイ・クラヴィッツ(TK⑤「スクリュード」)、映画『ドリームス』のサウンド・トラックに収録された「ハラペーニョ」、「イズント・ディス・ザ・ワールド」以来の共演となるヒップホップ界不動のアイコン、ファレル・ウィリアムス(TK⑨「アイ・ガット・ザ・ジュース」)、2015年のアルバム『アート・エンジェルス』で音楽界にセンセーションを巻き起こしたカナダ出身の個性派女性アーティスト、グライムス(TK⑦「ピンク」)、といったジャネールならではの驚愕のゲスト陣が参加している。

収録曲「I Like That」のMV公開!

アルバム・リリースのタイミングに合わせ、日付が変わった4/27未明には、アルバムのコンセプトを映像化した44分に渡る作品=『DIRTY COMPUTER: AN EMOTION PICTURE BY JANELLE MONÁE』を全世界のMTV及びBETチャンネルでプレミア先行放送を行ったジャネール。近未来SF映画を思わせる超ハイクオリティな「メイク・ミー・フィール」、「ジャンゴ・ジェーン」2曲に続き、さらに大がかりな「ピンク」、「アイ・ライク・ザット」のMVも公開も始まり、早くも話題となっているが、本国アメリカでは、アルバム・リリース後の6月11日のシアトル公演を皮切りに8月4日アトランタ公演まで全28公演を数える「DIRTY COMPUTER TOUR」を行うことも発表され、しばらくジャネール・フィーバーが続きそうだ。

■リリース情報
ジャネール・モネイ 『ダーティー・コンピューター』
“DIRTY COMPUTER”
2018.4.27. on sale 
WPCR-18003 / \1,980(+tax)

tracklist:
1. Dirty Computer (feat. Brian Wilson) /ダーティー・コンピューター (feat. ブライアン・ウィルソン)
2. Crazy, Classic, Life / クレイジー、クラシック、ライフ
3. Take A Byte / テイク・ア・バイト
4. Jane’s Dream /ジェーンズ・ドリーム
5. Screwed (feat. Zoe Kravitz) /スクリュード (feat. ゾーイ・クラヴィッツ)
6. Django Jane (ジャンゴ・ジェーン)
7. Pynk (feat. Grimes) /ピンク (feat. グライムス)
8. Make Me Feel / メイク・ミー・フィール)
9. I Got The Juice (feat. Pharrell Williams) /アイ・ガット・ザ・ジュース (feat. ファレル・ウィリアムス)
10. I Like That /アイ・ライク・ザット
11. Don’t Judge Me /ドント・ジャッジ・ミー
12. Stevie’s Dream /スティーヴィーズ・ドリーム
13. So Afraid /ソー・アフレイド
14. Americans /アメリカンズ

ダーティー・コンピューター
ジャネール・モネイ
ワーナーミュージック・ジャパン (2018-04-27)
売り上げランキング: 26,138