4AD の新鋭女性アーティスト Pixx が待望のデビューアルバム『The Age Of Anxiety』を 6/2 リリースが決定!

の新鋭女性シンガーソングライター が待望のデビューアルバム『The Age Of Anxiety』を 6/2 リリースが決定!先行シングル「I Bow Down」のミュージックビデオが公開されました。 はサウス・ロンドン出身現在21歳の Hannah Rodgers によるプロジェクト。2015年に 4AD よりデビューEP『Fall In』を配信リリースしている。

6月2日リリースの『The Age Of Anxiety』は、Pixxとして初めて2015年にリリースしたEP『Fall In』からの新たな一歩だ。個人的な傷心の記録だという『Fall In』の4曲は、フォークを取り入れたトーチソングであり、リリース後すぐに批評家からの称賛を集めた。Sunday Times誌からは「この一年で最も注目を集めるデビューのひとつ」だと評され、やがて Daughter や Lush や Glass Animals といったグループとのツアーにつながった。

『The Age Of Anxiety』では、喪失や恋愛について語るのではなく、一歩身を引いて自身を見つめている。彼女がこの12曲で取りあげているのは、今までなかったもの、例えばソーシャルメディアからの圧力や絶え間なく変化する政治的な混乱、といった新しい世界の秩序のせいで次第に孤立していく人々だ。アルバムのタイトルはW.H.オーデンの最後の詩に由来する。1947年に出版されたこの詩は、産業化が進む世界のなかで、アイデンティティを見つけようと探求する一人の男が、現代における人間の孤独について熟考した記録であり、それから70余年後のPixxのアルバムのテーマにも通じるものがある。

出身地のチップステッドは、サウス・ロンドン周辺から少し離れた、郊外と田園地域が入り混じったような地域だ。Rodgersは9歳のときに、繰り返し見る悪夢が原因の不眠症を一年にわたって経験した。初めて不安というものを知ったその体験が長い間心に残り、それが『The Age Of Anxiety』でも数多く描写されているという。