UKのシューゲイザー・バンド Slowdive が実に22年振りとなる新曲「Star Roving」を配信リリース!

Slowdive

UKのオリジナル・シューゲイザー四天王こと (スロウダイヴ) が、USインディーの名門 Dead Oceans から本日 1/12 にニューシングル「Star Roving」を配信リリース!Apple Music、Bandcamp にて配信がスタートしました。1995年のアルバム『Pygmalion』より実に22年振りとなる新曲が遂に到着した。

90年代、時代を席巻したシューゲイザー・ミュージックのパイオニアとして活躍した伝説的バンド、スロウダイヴ。89年の結成からリリースした3作のアルバムは、現在でも名盤として全世界で愛され続け、1995年にリリースしたアルバム『ピグマリオン』を最後に惜しまれつつもバンドは解散。それぞれ別の音楽活動を経て、2014年に19年振りに再結成を果たし、同年のフジロックでの初来日公演は大きな話題となったことが記憶に新しい。

22年間と言うブランクを全く感じさせない、若々しく力強い高揚感。一度聞いたら期待感を抱かずにはいられない、これまでとは一味違った爽やかなサウンドが完成!

フロントマンのニール・ハステッドによるコメント

「2014年に再結成した時、僕たちはすぐにでも新しい音楽を作りたかったんだ。ここにたどり着くまでには沢山のライヴをこなし、少々出だしの失敗を経験したけど、おかげで誇りとわずかな恐怖の混ざったこの新曲「Star Roving」を世に放つことができた。この曲は僕たちが今作っている膨大な新曲のうちの一曲なんだ。結成した当初と同じくらい楽しく、強く繋がりを感じながら音楽を作ることができている。みんなが楽しんでくれることを願うよ」

そして Mitski、ジャパニーズ・ブレックファスト、ケヴィン・モービーなどが所属する米インディアナ州を拠点とするレーベル<Dead Oceans>との契約を発表。2017年は彼らの動向に目が離せない。

バイオグラフィー

1989年に結成、ニール・ハルステッドとレイチェル・ゴスウェルを中心とするイングランドの5人組オルタナティヴ・ロックバンド。90年代シューゲイザーを代表するバンドとして名を馳せている。91年にアルバム『ジャスト・フォー・ア・デイ』でデビュー。93年にリリースした2nd『スーヴラク』にはブライアン・イーノも参加し、話題となった。95年にこれまでとは異なるミニマルな音作りで、アンビエントやエレクトロニカからの影響が濃い3rdアルバム『ピグマリオン』をリリースした後、バンドは解散。それぞれ別の音楽活動を経て、19年ぶりに再結成。同年のフジロックでの初来日は伝説的な公演となった。そしてこの度、22年ぶりとなる新曲「Star Roving」が公開された。