Thom Yorke や Rhye までを彷彿とさせる、NYブルックリンの新鋭 Port St. Willow、ニューアルバムを『Syncope』を 1/27 リリース!

Thom Yorke や Rhye までを彷彿とさせる天上のファルセットと、静謐且つ先鋭的なフォークサウンドが Brian Eno をも魅了するNYブルックリンの新鋭 、ニューアルバムを『Syncope』を今月 1/27 リリース!アルバムより「Ordinary Pleasure」、「Motion」の試聴が開始されています。

「Julia Holter がアレンジした Rhye のよう…ユニークで魅惑的」- Pitchfork
「先月 Port St. Willow のレコードを聴いて、完全に虜だよ…彼らの音楽は幾つかのシンプルなコードで成り立ってるだけなのに、新鮮なんだ。最高のアルバムだよ」 – Brian Eno

2012年にセルフ・リリースされたデビュー作「Holiday」がじわじわと注目を集め、Brian Enoにも絶賛されたNYブルックリンのマルチ・インストゥルメンタリストNicholas PrincipeによるプロジェクトPort St. Willowがflauよりセカンドアルバムをリリース。トム・ヨークやJeff Buckleyとも比較されるPrincipeの美しいファルセットに導かれながら聴き入る一曲一曲は、まるで光と波の背景に浮かび上がる映像を見ているような感覚、Tim HeckerやSusumu Yokotaからの影響を公言するそのサウンドは幻想的で豊かなアイデアに満ちあふれ、スロウコアの寂寞感から高揚する光の煌めきさえも感じることができる。

アルバムにはThe AntlersのPeter Silberman、Will Epstein (Nicholas Jaar、High Water)やRVNG Intl.からリリースするBing & Ruthの中心メンバーDavid Mooreがゲスト参加し、緻密に練り上げた密室感のある耽美的な音のパレットに更なる深化を付け加えています。変化が起きた直後の愛と、その後生まれ変わるための変化を表現し、前作から大きな飛躍を遂げたニューアルバム。

すでにPitchforkがリードトラック「Ordinary Pleasure」がGrizzly BearやTim Hecker、Colin Stetsonなどの名前を引き合いに出して称賛しています。CDには現在廃盤となっている貴重なデビューEP「EVEN//WASTELAND」を追加収録。アートワークを世界的なムスリム・デザイナーとして知られるHana Tajimaが担当しています。

Syncope
Syncope

posted with amazlet at 16.01.07
Port St. Willow
Flau (2016-01-27)
売り上げランキング: 240,509