NYブルックリンのエクスペリメンタル・ドリームポップ・グループ School of Seven Bells の感動的な最終章『SVIIB』が来年 2/12 リリースが決定!

NYブルックリンのエクスペリメンタル・ドリームポップ・グループ 、最終章『SVIIB』がここに完成!2013年末にT細胞性リンパ芽球性リンパ腫のため惜しくも他界したフロントマン Benjamin Curtis の死を乗り越え、残された録音を元に最後のメンバーとなった Alejandra Deheza が完成させた感動的最終傑作。かつては Prefuse 73 の傑作『Preparations』に収録の ”Class Of 73 Bells” にフィーチャーされ話題となり、08年にファースト・フル・アルバム『Alpinisms』をリリースし大ヒット、そして同年の年末には代官山 UNIT の年越しイベントにメイン・アクトとして出演、さらにはその翌年 SUMMER SONIC 09 のソニック・ステージに登場、またマイブラがキュレートした ATP に出演するなど、瞬く間にスターダムにのし上がった、元 On!Air!Library! の Alejandra と Claudia の美麗双子姉妹と、Secret Machines の元メンバー、Benjamin Curtis によるブルックリンのエクスペリメンタル・ドリームポップ・グループ、School Of Seven Bells。2010年セカンド・アルバム『Disconnect From Desire』をリリース後にキーボード/ヴォーカルの Claudia Deheza が突如脱退。その後は Alejandra Deheza と Benjamin Curtis の2人で活動し、2012年にはサード・アルバム『Ghostory』を発表するも、Benjamin はT細胞性リンパ芽球性リンパ腫に倒れ、2013 年末に惜しくもこの世を去った。

2012年の後半から Benjamin と Alejandra は新作のための録音をしていた。そのレコーディングは終盤に差し掛かっていたが、Benjamin が他界したため、完成されることはできず、4作目はお蔵入りになるかと思われた。しかし最後のメンバーとなった Aljandra はそれを完成させるために2015年、LAへと渡り、プロデューサーである Justin Meldal-Johnsen と共に完成させた。

「始めから終わりまでラヴ・レター」とうそのサウンドは、まさに SVIIB 節と言える美しいメロディとドリーミーな浮遊感に彩られた音世界。小気味よいビートの上でベンジャミンの変幻自在なギター、サウンドに溶け込む Alejandra の美しいヴォーカル/コーラスにヴァリエーション豊かなキーボード、エレクトロニクスが融合し、シューゲイザー、アンビエント、シンセポップまでを横断する極上ドリーム・ポップを披露。最終作にふさわしい最高傑作。

なお、日本盤は Benjamin の病室で彼のラップトップを使って録音した最後の録音作である、Joey Ramone のカヴァー「I Got Knocked Down (But I’ll Get Up)」を収録した完全盤!