元バトルスの Tyondai Braxton (タイヨンダイ・ブラクストン) 、6年振り待望のニューアルバム『HIVE1』を 5/13 リリースを発表!

0000000

元バトルスの (タイヨンダイ・ブラクストン) が Nonesuch Records から、6年振り待望のニューアルバム『HIVE1』を 5/13 リリースを発表!新曲「Scout1」を公開!バトルスの元メンバーとしても知られる タイヨンダイ・ブラクストンが、5月13日(水)に6年振りとなるソロ・アルバム『HIVE1』を、Nonesuch Records からリリースする。日本でのリリース元は Beat Records となる。2013年から2014年にかけて制作された本作には、日本国内盤用ボーナストラックを含めた9曲を収録。もともとは2013年にニューヨークのグッゲンハイム美術館にて初披露された『HIVE』という名のパフォーマンス作品のために創作された楽曲がもとになっている。今回のアルバム発表に合わせ、収録曲「Scout1」が公開されている。

バトルス時代には大ヒット・アルバム『Mirrored』(2007)を世に送り出し、ソロ・アーティストとしての評価を決定付けたオーケストラ作品『Central Market』(2009)をリリース。バトルス脱退後は、 『HIVE』のプロジェクトに取り組みながら、バング・オン・ア・カン・オール・スターズ、クロノス・クァルテット、アラーム・ウィル・サウンド、ブルックリン・ライダーらへ楽曲提供を行っている。またミニマル・ミュージックの旗手として知られる現代音楽の巨匠、フィリップ・グラスとの親交も深く、2012年にコラボレーション・パフォーマンスを行っているほか、ベック監修によるフィリップ・グラスのリミックス・プロジェクト『REWORK_Philip Glass Remixed』にも参加。そしてロサンジェルス・フィルハーモニック、ロンドン・シンフォニエッタ、BBC交響楽団、そしてニューヨークのワードレス・ミュージック・オーケストラといった世界の名だたるオーケストラとともに『Central Market』のコンサートを行うなど、現代音楽家としての才能やキャリアにも脚光が集まっていた。米ワシントン・ポスト紙は「この10年で最も評価されている実験音楽家」と称賛している。

『HIVE』とは、デンマーク人の建築家ウッフェ・サーランド・ファン・タムズによってデザインされた近未来的な楕円形ポッドと、その上に座った5人のミュージシャンによるアンサンブルで構成されたライブ・パフォーマンス用のマルチメディア作品である。各々のポッドは作品の音響的ムードを完成させるべく、各ミュージシャンが奏でる音と呼応して、絶えず変化する LED ライトを発するようプログラミングされている。ニューヨークでのプレミア公演に続いて、これまでにオーストラリアのシドニー・オペラハウス、タスマニアで行われた MONA FOMA フェスティバル、そしてロンドンのバービカン・センターで開催された Nonesuch Records の50周年記念祝典の一環として演奏されている。本作についてブラクストンはこう語っている。

エレクトロニック・ミュージックがその可能性を最大限に発揮する時、ある種の限界を感じる。とりわけ、それがアナログ楽器の場合にね。エレクトロニック・ミュージックの場合、サウンドはリアルなのに、人間や伝統的なアコースティック楽器には不可能なことが生み出せる。だからこそ、より伝統的な感覚で音楽を作ることでバランスを取り、リズムやハーモニーを考察していくと、そこに広がる壮大な世界に気づくんだ。

タイヨンダイ・ブラクストン6年振り待望のニュー・アルバム『HIVE1』は、5/13 にボーナストラック追加収録でリリースされる。なお iTunes で、アルバムを予約すると、公開された「Scout1」がいちはやくダウンロードできる。

HIVE1 [帯解説・ボーナストラック1曲収録 / 国内盤] (BRC469)
TYONDAI BRAXTON タイヨンダイ・ブラクストン
BEAT RECORDS / NONESUCH RECORDS (2015-05-13)