• 2/4 (Sun)

    QUEEN + ADAM LAMBERT 来日公演「THE RHAPSODY TOUR」

    公演情報には広告を含む場合があります

    QUEEN + ADAM LAMBERT (クイーン + アダム・ランバート) の来日公演「THE RHAPSODY TOUR」の開催が2024年2月に決定!

    昨年、ヨーロッパより再開された “THE RHAPSODY TOUR” が今秋の北米に続いて、遂に日本での公演が決定!2020年以来4年ぶりとなる本公演は、これまでの日本公演史上、最大級となる4都市5公演のドームツアー。中でも札幌には実に42年ぶりの上陸となります。

    「We Will Rock You」、「Don’t Stop Me Now」、「Bohemian Rhapsody」、「Somebody To Love」他、声高らかに響くロック・アンセムの数々。輝けるクイーンの歴史の集大成であり、これが最後になるかもしれない、日本での “THE RHAPSODY TOUR” をお見逃しなく!

    僕らの心の中で常に特別な位置を占め、最も敬意を抱く国であり続けている日本に戻れることになって、すごく胸が躍っているよ。

    もしかしてこれが最後かも……なんて、誰にも分からないけどね。どうなんだろう? 皆さんに楽しんでもらえるような、正真正銘のスペクタクルをお届けすることを約束するよ!

    – ロジャー・テイラー、ブライアン・メイ


    2/4 (日) 愛知 バンテリンドーム ナゴヤ
    OPEN 16:00 / START 18:00

    【料金】
    GOLD 席 ¥48,000 (限定グッズ付き、物販優先レーン、専用入場口)
    SS 席 ¥25,000 / S 席 ¥17,000 / A 席 ¥12,000

    (問) サンデーフォークプロモーション 052-320-9100


    2/7 (水) 京セラドーム大阪
    OPEN 17:00 / START 19:00

    【料金】
    GOLD 席 ¥48,000 (限定グッズ付き、物販優先レーン、専用入場口)
    SS 席 ¥25,000 / S 席 ¥17,000 / A 席 ¥12,000

    ▽チケット一般発売
    <チケットを購入する>

    (問) キョードーインフォメーション 0570-200-888


    2/10 (土) 北海道 札幌ドーム
    OPEN 16:00 / START 18:00

    【料金】
    GOLD 席 ¥48,000 (限定グッズ付き、物販優先レーン、専用入場口)
    SS 席 ¥25,000 / S 席 ¥17,000 / A 席 ¥12,000

    ▽チケット一般発売
    <チケットを購入する>

    (問) キョードー札幌 011-221-0144


    2/13 (火) 東京ドーム
    OPEN 17:00 / START 19:00

    【料金】
    GOLD 席 ¥48,000 (限定グッズ付き、物販優先レーン、専用入場口)
    SS 席 ¥25,000 / S 席 ¥17,000 / A 席 ¥12,000

    【BOXシート】
    THE 3rd プラチナ BOX (4名) ¥80,000

    (問) クリエイティブマン 03-3499-6669


    2/14 (水) 東京ドーム
    OPEN 17:00 / START 19:00

    【料金】
    GOLD 席 ¥48,000 (限定グッズ付き、物販優先レーン、専用入場口)
    SS 席 ¥25,000 / S 席 ¥17,000 / A 席 ¥12,000

    【BOXシート】
    THE 3rd プラチナ BOX (4名) ¥80,000

    (問) クリエイティブマン 03-3499-6669

    BOXシートの詳細

    ・THE 3rd プラチナ BOX (4名) ¥80,000
    ※グループでお楽しみ頂けるボックスシートになります。
    ※座席に座ってコンサートを鑑賞される場合、一部見えにくい場合がございますので、予めご了承の上お買い求めください。
    ※セット販売のため、バラ売り不可となります。

    ・マス BOX (4名) ¥80,000
    ・マス BOX (5名) ¥100,000
    ・マス BOX (6名) ¥120,000
    ・マス BOX (7名) ¥140,000
    ・マス BOX (8名) ¥160,000
    ・マス BOX (9名) ¥180,000
    ・マス BOX (10名) ¥200,000

    ※グループでお楽しみ頂ける半個室になります。
    ※座席に座ってコンサートを鑑賞される場合、一部見えにくい場合がございますので、予めご了承の上お買い求めください。
    ※セット販売のため、バラ売り不可となります。


    QUEEN + ADAM LAMBERT 日本公演「THE RHAPSODY TOUR」

    今秋、22公演に及ぶ壮大な北米ツアーが既に決定している、サー・ブライアン・メイとロジャー・テイラー、そして彼らの素晴らしきフロントマンであり、グラミー賞にもノミネートされたアダム・ランバートが、来年2月、日本で全5公演のメガ・ドーム・コンサートを開催すると本日発表した。これにより〈ラプソディ・ツアー〉は、2024年まで延長されることとなる。

    今回の日本ツアーは、2月4日の名古屋公演を皮切りに、大阪公演(2月7日)、札幌公演(2月10日)、そして締めくくりとなる東京ドームでの二夜連続公演(2月13日、14日)の計5公演で、延べ20万人以上を動員する予定。中でも札幌公演は、1982年10月29日の〈ホット・スペース・ツアー〉以来、クイーンにとって実に42年ぶりに北海道で行う歴史的コンサートだ。

    本ツアーの発表に際し、ブライアン・メイと共にコメントを寄せたロジャー・テイラーは、次のように語っている: 「僕らの心の中で常に特別な位置を占め、最も敬意を抱く国であり続けている日本に戻れることになって、すごく胸が躍っているよ」。 ロジャーはさらにこう続ける: 「もしかしてこれが最後かも……なんて、誰にも分からないけどね。どうなんだろう? 皆さんに楽しんでもらえるような、正真正銘のスペクタクルをお届けすることを約束するよ!」。

    1975年4月に初来日し、各地で大勢の熱烈なファンによる歓迎を受けて以来、クイーンと日本の絆はバンド史の中に彩り豊かに織り込まれてきた。ツアーを休止していた期間があったにもかかわらず、クイーンの音楽は1990年代を通じて、そして21世紀に入ってからも、日本で愛され続けている。ビールのCMにも起用された「ボーン・トゥ・ラヴ・ユー(I Was Born To Love You)」は、洋楽シングル・チャート1位を獲得。そして新たにフロントマンとしてアダム・ランバートを擁したクイーンは、2014年、国内最大級のロック・フェスティバル〈サマーソニック〉のヘッドライナーとして再び日本に招かれ、日本で最も人気の高い海外バンドとしての地位を再確認した。

    日本は再び定期的なツアー先に組み込まれ、クイーン+アダム・ランバートは2020年に再来日を果たす。大規模会場での4公演は全てソールドアウトとなり、日本全国で計13万2,000人以上の観客を動員。これまでと同様、クイーンと日本との絆が強固であることが明らかとなった。アダム・ランバートは、熱意のこもった口調でこう語る: 「2020年の日本公演は本当に楽しかったし、観客の皆さんも信じられないくらい素晴らしかった!今回またこうして日本に行けることになって、ワクワクしています! 待ち遠しいな!」

    クイーン+アダム・ランバートのこれまでのキャリアを網羅する〈ラプソディ・ツアー〉のセットリストは、このバンドが世に送り出してきた桁外れな名曲群を讃えるもので、「ウィ・ウィル・ロック・ユー(We Will Rock You)」「ドント・ストップ・ミー・ナウ(Don’t Stop Me Now)」「RADIO GA GA(Radio Ga Ga)」「愛にすべてを(Somebody To Love)」といった不朽のアンセムから、隠れた名品やファンに人気の懐かしの曲までを引っくるめた、包括的なラインナップとなっている。きらびやかな最先端のステージ・デザインに、驚くべき特殊効果や舞台セットをフィーチャーしたセンス溢れるこの豪華ショーは、世界中の批評家やファン達の度肝を抜いてきた。

    2024年の日本ツアーでは、昨年の全英およびヨーロッパ・ツアーと同様、クイーン+アダム・ランバートのステージを支えるライヴ・サポート・メンバーとして、長年クイーンと共に歩んできたキーボード奏者のスパイク・エドニー、ベース奏者のニール・フェアクロウ、パーカッショニストのタイラー・ウォーレンというお馴染みの顔ぶれが帯同する予定だ。

    この数年間にわたり大規模ツアーで各地を回ってきた〈ラプソディ〉のショーは、絶えず進化し続けている。だが、その本質にあるのは、フレディ・マーキュリーが築いた壮麗な遺産に対する賛辞であり、衰えることを知らないブライアンとロジャーの音楽的力量の確認であり、そしてアダムのヴォーカル・スキルとステージ上での衝撃的なカリスマ性が華麗に披露される絶好の機会であるということ。その全てが一つとなって、ロック史上最高レベルに君臨する楽曲の数々を心から讃える輝かしい祝祭の場となっている。


    チケットの購入
MORE EVENT
036月

BLIND CHANNEL、一夜限りの来日公演

1110月

UKロックシーンの新星 The Reytons 初来日公演

029月

Bruno Major Japan Tour 2024

1610月

Overmono 来日公演「PURE DEVOTION TOUR 2024」開催決定!

046月

シカゴ生まれのシンガーソングライター Alexander 23、来日公演が6月に決定!

235月

GIPSY KINGS (ジプシー・キングス) 来日公演

097月

Itasca の初来日公演が決定!

1910月

JOURNEY (ジャーニー) 来日公演

046月

FKJ、待望の単独公演が東京/大阪で6月に決定!

169月

Yes (イエス) デビュー55周年記念公演の開催が決定!

2910月

カナダの新星 Tate McRae (テイト・マクレー) の初来日公演が決定!

276月

Fairground Attraction 奇跡の復活!35年振りの来日公演

最新イベント