• 2/19 (Mon)

    Boz Scaggs (ボズ・スキャッグス) 来日公演

    公演情報には広告を含む場合があります

    ロック、ソウル、ブルース、そしてAORの巨匠 Boz Scaggs (ボズ・スキャッグス)、5年ぶりの来日公演が2024年2月に開催決定!東京2DAYS、ソールドアウトに付き東京追加公演も決定しました。ソールドアウトの東京3公演にて、立見チケットの販売スタート!


    【ステージサイド席の追加発売!】
    2/19 (月) TOKYO DOME CITY HALL
    OPEN 18:15 / START 19:00

    【料金】
    S席 ¥16,000(税込/ドリンク代別途必要)
    A席 ¥15,000(税込/ドリンク代別途必要)

    ▽チケット一般発売 (立見チケット)
    <チケットを購入する>


    【ステージサイド席の追加発売!】
    2/21 (水) TOKYO DOME CITY HALL
    OPEN 18:15 / START 19:00

    【料金】
    S席 ¥16,000(税込/ドリンク代別途必要)
    A席 ¥15,000(税込/ドリンク代別途必要)

    ▽チケット一般発売 (立見チケット)
    <チケットを購入する>


    【東京追加公演】
    2/22 (木) TOKYO DOME CITY HALL
    OPEN 18:15 / START 19:00

    【料金】
    S席 ¥16,000(税込/ドリンク代別途必要)
    A席 ¥15,000(税込/ドリンク代別途必要)

    ▽チケット一般発売 (立見チケット)
    <チケットを購入する>


    2/24 (土) 東北大学百周年記念会館 川内萩ホール
    OPEN 17:00 / START 17:30

    【料金】
    S席 ¥16,000(税込)
    A席 ¥15,000(税込)

    ▽チケット一般発売
    <チケットを購入する>


    2/26 (月) 名古屋市公会堂
    OPEN 18:30 / START 19:00

    【料金】
    S席 ¥16,000(税込)
    A席 ¥15,000(税込)

    ▽チケット一般発売
    <チケットを購入する>


    2/28 (水) 大阪 フェスティバルホール
    OPEN 18:00 / START 19:00

    【料金】
    S席 ¥16,000(税込)
    A席 ¥15,000(税込)

    ▽チケット一般発売
    <チケットを購入する>


    3/1 (金) 福岡市民会館
    OPEN 18:15 / START 19:00

    【料金】
    S席 ¥16,000(税込)
    A席 ¥15,000(税込)

    ▽チケット一般発売
    <チケットを購入する>


    Boz Scaggs は、アメリカのシンガー、ソングライター、ギタリスト。アーデルズとスティーヴ・ミラー・バンドでスティーヴ・ミラーの初期のバンドメイトだった。

    1969年にソロ・キャリアをスタートさせたスキャッグスだが、1976年のアルバム『Silk Degrees』がビルボード200で2位を記録し、「Lido Shuffle」と「Lowdown」のヒット・シングルを生み出すまで、メジャー・ヒットに恵まれなかった。スキャッグスはさらに『Down Two Then Left』と『Middle Man』の2枚のプラチナ認定アルバムを制作し、後者では2曲のトップ40シングル「Breakdown Dead Ahead」と「Jojo」を生み出した。

    1980年代の大半は活動を休止していたが、1988年にレコーディングとツアーに復帰し、『Other Roads』をリリース、その後ニューヨーク・ロックンソウルレヴューに参加した。スキャッグスは、2020年に閉店するまでサンフランシスコで人気のあったナイトクラブ「スリムズ」をオープンした。1990年代、2000年代、2010年代を通してレコーディングとツアーを続け、最新アルバムは2018年の『Out of the Blues』である。

    スキャッグスは TOTO の結成に貢献したと言われている。1976年のアルバム『Silk Degrees』では、何人かの提案を受けてミュージシャンを選んだ。この3人はすでに友人であり、スティーリー・ダンの『Pretzel Logic』など他のアルバムでも頻繁に共演していた。スキャッグスと一緒にツアーに出ることで、バンドを始める見通しが固まった。コロムビアはこの才能を見抜き、新しいグループに「オーディションなし」での契約をオファーした。スティーヴ・ポーカロは、このことを「レコード契約が我々の膝の上に投げ込まれた」と表現した。ペイチは「シルク・ディグリーズがいなかったら、TOTOがこれほど早く、あるいはまったく同じように実現したかどうかはわからない」と述べた。彼らの友情は、さまざまなコラボレーションやコンサートでの共演が示すように、数十年を通じて続いている。ペイチはスキャッグスの2001年のアルバム『Dig』で再びチームを組み、11曲中6曲に参加した。


    チケットの購入
MORE EVENT
2111月

JP Cooper 来日公演

101月

Ginger Root 来日公演「SHINBANGUMI JAPAN TOUR 2025」の開催が決定!

278月

Sasha Alex Sloan 来日公演

267月

FUJI ROCK FESTIVAL '24

1912月

Pale Waves (ペール・ウェーブス) 来日公演

249月

ANNE-MARIE (アン・マリー) 来日公演

1110月

Kiasmos 初来日公演が決定!

029月

Bruno Major Japan Tour 2024

2711月

UKリーズのポストパンク・バンド Yard Act 来日公演が決定!

067月

IU (アイユー) 来日公演「2024 IU H.E.R. World Tour Concert」

259月

LANY 来日公演

168月

SONICMANIA 2024、第1弾アーティスト発表!

最新イベント