NYの実験的なアンビエント・プロジェクト Chanel Beads、デビューアルバム『Your Day Will Come』を 4/12 リリース!

2024.02.14

NYを拠点に活動するミュージシャン Shane Lavers のプロジェクト Chanel Beads がデビューアルバム『Your Day Will Come』を Jagjaguwar から 4/12 リリース!ニューシングル「Idea June」を公開。ぼんやりとした遺物であると同時に、人間の経験のデジタル・スナップショットでもある『Your Day Will Come』は、Chanel Beads のデビュー作である。

この注目すべきプロジェクトは、ニューヨークを拠点に活動するミュージシャン、Shane Lavers が実験音楽の新勢力として登場したことを告げるもので、現代的存在のさまざまな矛盾とデジタル世界の奇妙な無限性を捉えている。その曲は、実際に起こったことなのか、それとも頭の中で再現された偽りのことなのか区別がつかないような記憶のように感じられる。Shane Lavers は、『Your Day Will Come』から自我の感覚を取り除くよう自らを追い込んだ。

先行シングル「Police Scanner」のリリックビデオを公開!

全体を通して、Shane Lavers はライブのバンド仲間であるシンガーソングライターの Maya McGrory (Colle) と実験的な楽器奏者の Zachary Paul の参加を織り交ぜ、それぞれのフィーリングを何層にも重ねている。マクグローリーはよりフルボディの音色を提供し、ラヴァースはしばしば高音のヘッドボイスで歌うため、2人のコラボレーターは中間で出会う。それはアイデンティティの交錯であり、あるいはアンドロジニーへの潜在的な憧れでもある。このスベスベした空間では、異なる視点が融合し、これらの声のブレンドから生まれる共感と謙虚さがある。

収録曲「Embarrassed Dog」のMV公開!

最近の Shane Lavers のライブでは、3人のパフォーマーが織り成す絶対的なカタルシスが見られる。このカタルシスは、Maya McGrory が Shane Lavers の歌詞を投影するためにリード・ヴォーカルをとる「Idea June」で最高潮に達する。Maya McGrory が「波が私の岸辺に打ち寄せる」と切実かつデジタル処理された声で歌うとき、彼女はまるで Shane Lavers の別個の体現者として話しているかのようだ。不器用なアコースティック・ギターと抉るようなストリングスのトラックは、2分足らずで、離反と親近感の間のどこかに着地する。

「Police Scanner」のオフ・キルターな構成と同様、これらの曲は未完成で限界的な形で奇妙な影響を及ぼしている。DJミックスにおけるMP3リッピングや過渡的な瞬間に惹かれるラヴァースは、こうした不正確な音楽が人間の不完全さを呼び起こすことを知っている。『Your Day Will Come』というタイトルは、良いカルマの到来を約束するものとも読めるし、腹いせに言った自分の死を思い起こさせるものともとれる。しかし、Shane Lavers は、自分の未来に向かうために解放しなければならない過去の呪われた感情を解きほぐしながら、悲しみと希望は肉眼で見るよりも近いところにあるのかもしれないと私たちに気づかせてくれる。

関連記事
イベント情報
  • カネコアヤノ Livehouse Tour 2024 の開催が決定!

  • Incubus (インキュバス)

  • 鈴木雅之、ライブツアー「masayuki suzuki taste of martini tour 2024」開催!

  • RAVEN & NIGHT DEMON 来日公演

  • Diane Birch (ダイアン・バーチ) 来日公演

  • Tones And I 来日公演