細野晴臣のソロデビュー50周年を記念したカバーコンピレーションが24年後半にリリース!

2024.02.27

細野晴臣のソロデビュー50周年を記念して、新たなカバー・コンピレーション『Hosono House』が今年後半に Stones Throw からリリースされます。その第一弾として、Mac DeMarco が細野晴臣の楽曲をカバーした「Boku Wa Chotto (僕は一寸)」が公開されました。Mac DeMarco はこの曲について次のように述べています。

このコンピレーションに参加できて光栄だ。このカバーは、2023年8月にパリの Joe Bird のゲストルームで録音したんだ。僕の日本語の発音がひどくないことを願っているよ。

Yuma Abe による「冬越え」のカバーを公開!

このプロジェクトには Stones Throw のアーティストも参加しており、John Carroll Kirby featuring The Mizuhara Sisters (Kiko & Yuka)、Jerry Paper、Pearl & The Oysters、Sam Gendel、Cornelius、Akiko Yano、Yuma Abe、mei ehara、rei harakami、Kukuku (Ikuko Harada & Manami Kakudo) などが参加しています。このカバー・コンピレーションは、KAKUBARHYTHM & Bayon Production とのパートナーシップにより日本でリリースされ、2024年後半には、より幅広いヴァイナルとデジタル・リリースが予定されています。

『Hosono House』の不思議な美しさは、半世紀にわたって世界中の音楽ファンやアーティストに愛されてきた。そして今、このアルバムに人生を捧げてきたミュージシャンたちが、自らこのアルバムを解釈している。今後の新曲にもご期待ください。

関連記事
イベント情報
  • IDLES の単独来日公演が2025年1月に開催決定!

  • Tempalay、全国ライブツアー2024「((ika))」東名阪ほか全国9都市で開催!

  • 平沢進+会人、「HYBRID PHONON 2566」の東京追加公演が決定!

  • Iron Maiden (アイアン・メイデン) 来日公演

  • BONOBO PRESENTS OUTLIER

  • Gryffin (グリフィン) 来日公演