J Mascis、ソロ・ニューアルバム『What Do We Do Now』をリリース!

2023.11.14

Dinosaur Jr. の J Mascis、ソロ・ニューアルバム『What Do We Do Now』を Sub Pop から 2/2 リリース!先行シングル「Can’t Believe We’re Here」を公開しました。本作『What Do We Do Now』は、J Mascis 通算5枚目のソロ・スタジオアルバムです。これは明らかにあまり積極的なリリース・スケジュールではないが、ライヴ・アルバム、ゲスト・スポット、彼の他の様々なバンド (Dinosaur Jr.、The Fog、Heavy Blanket、Witch、Sweet Apple など)と組んだレコードなどを考慮すると、ルー・リードの言葉を借りれば、”J’s week beat your year”(Jの1週間はあなたの1年に勝る)ということになる。

『What Do We Do Now』は、パンデミックの衰退期にまとまり始めた。自身のビスキテン・スタジオを活用し、J.はアコースティックで、Dinosaur Jr. のために作るのとは違ったダイナミズムを持つ一連の曲を書き始めた。

バンドのために曲を書くときは、ルーやマーフが合いそうなことをいつも考えているんだ。自分の場合は、リードでもアコースティック・ギター1本で何ができるかをもっと考えている。もちろん今回は、リズム・パートはアコースティックなままだけど、フル・ドラムとエレクトリック・リードを加えた。いつもは、ソロの部分はもっとシンプルに自分で弾けるようにするんだけど、どうしてもドラムを入れたかったんだ。でも、どうしてもドラムを入れたかったんだ。だから結局、バンド・アルバムに近いサウンドになったんだ。なぜそうしたのかはわからないけど、そうなったんだ。

収録曲「Set Me Down」のMV公開!

今回は2人のゲスト・ミュージシャンが参加しており、マサチューセッツ州西部に住む Ken Mauri (B52s のメンバー)が数曲でピアノを弾いている。J自身も鍵盤の経験があるため、なぜ雇われミュージシャンが必要なのかと尋ねると、

ケンは素晴らしいし、すべての鍵盤を弾いてくれる。フォグのファースト・アルバムでもキーボードを弾いてみたんだけど、僕は白い音しか弾けないから、ちょっと限界があるんだ。今では、ミニ・メロトロンのピッチを変えるだけでいろいろな音が出せるけど、黒鍵は難しい。なぜか白い鍵盤を叩くのが好きなんだ。他の鍵盤だと、指をどう伸ばすか考えるのが難しいんだ。

収録曲「Right Behind You」のMV公開!

Ken Mauri にはそんな気負いはなく、すべての鍵盤をとても上手に弾きこなしている。特に「I Can’t Find You」では、Jack Nitzsche から J’s Neil Young になりきって、このアルバムで最も愛らしい曲のひとつを作り上げている。もう一人のゲスト・ミュージシャン、Matthew “Doc” Dunn もこの曲で目立っている。ダンのスティール・ギターは、音楽のエッジを広げると同時に和らげることにも成功しており、クラシックのプロフィールを存分に醸し出している。ダンはオンタリオ州を拠点とする polymath で、Jはマット・ヴァレンタインを通じて知り合った。Jがドクの2022年の素晴らしいサブ・ポップ・シングル「Your Feel」に参加した後、彼は仕返しの時が来たと考えた。ダンもマウリも、アコースティックなスケッチから本格的なポストコア・パワー・バラードへと楽曲を変貌させるのに一役買っている。

収録曲「Old Friends」のMV公開!

この『What Do We Do Now』は、Jがこれまでに書いたソロ曲の中で最も素晴らしいセットであり、その見せ方も完璧だ。このアルバムを引っさげてのツアーはあるのかと訊かれたJは、週末に何度かやるつもりだが、おそらくバンドを組むことはないだろうと答えた。そして、これらの曲はソロでもアコースティックでも素晴らしいサウンドになると確信しているが、このアルバムのアレンジは本当に素晴らしく、音楽作りに対する J Mascis の即座に認識できるアプローチにクールで異なるスピンを加えている。さて、どうする?わからない。しかし、どうやらJがすることは、これまでで最もキラーなレコードを作ることらしい。彼に脱帽だ。

『What Do We Do Now』ストリーミング

シアトルのラジオ局 KEXP に出演したスタジオライブ映像が公開!

Phoebe Bridgers「Motion Sickness」のカバーを披露!

オーストラリア・メルボルンのラジオ局 Triple R 102.7FM に出演、Phoebe Bridgers の代表曲「Motion Sickness」のカバーと「Little Fury Things」を披露しました。

関連記事
イベント情報
  • Jorja Smith (ジョルジャ・スミス) 来日公演

  • ロンドンの新星 Fat Dog、初来日公演が12月に決定!

  • Kiasmos 初来日公演が決定!

  • Sasha Alex Sloan 来日公演

  • Green Day (グリーン・デイ) の来日公演が決定!

  • Charlotte Day Wilson 単独公演が決定!