The Jesus and Mary Chain、7年ぶりのアルバム『Glasgow Eyes』をリリース!

2023.11.29

The Jesus and Mary Chain

スコットランドのオルタナロック・バンド The Jesus and Mary Chain (ジーザス・アンド・メリー・チェイン)、7年ぶりのニューアルバム『Glasgow Eyes』を 3/8 リリース!先行シングル「jamcod」のミュージックビデオを公開しました。彼らの世代、そしてそれ以降において最も影響力のあるバンドのひとつである The Jesus And Mary Chain が、2024年に結成40周年を迎え、ニューアルバム『Glasgow Eyes』をリリースする。

先行シングル「jamcod」のMVを公開!

Fuzz Club から3月8日にリリースされるこのアルバムは、バンドにとって『Damage And Joy』(2017年)以来のスタジオ・アルバムとなる。2024年は、リードの信者にとって豊作の年になることが約束されている。兄弟は自伝やドキュメンタリーも発表し、3月からはワールドツアーもスタートする。どんなバンドでも、結成の正確な時点を特定するのは難しいが、ジムにとって “願い” は1984年6月のある夜、現実のものとなった。

いつも思うんだけど、最初のライヴをやった日だったんだ。それまではアイデア全体が抽象的で、現実味がなかったからね。ロンドンで演奏したとき、観客は6人くらいしかいなかった。そうだ。バンドが誕生したんだ、ってね。

1980年代初頭にリードが初めてポータスタジオのレコード・ボタンを押した瞬間から、彼らの作る激しく、時に残酷で、時に暗くロマンチックな音楽は、常に過去と現在と未来がぶつかり合い、錬金術のように驚くべきものへと変化していくように感じられた。『Glasgow Eyes』はひとつの節目かもしれないが、ジザメリは常に前を向いている。ファンが新作に何を期待するかについては、”人々がジーザス・アンド・メリー・チェインのレコードを期待してくれることを願っている” とジムは言う。

収録曲「Chemical Animal」のMVを公開!

ニューアルバムはグラスゴーにあるモグワイのスタジオ Castle of Doom でレコーディングされた。ウィリアムのフロント・ジャケットには、目がおかしくなった顔が描かれていた。これはアルバムのタイトルを暗示しているようだった。『Glasgow Eyes』、創作プロセスに関しては、リード兄弟はいつもと同じようにスタジオに向かう。

1984年当時と驚くほど変わらない。スタジオに入り、何が起こるか見るだけさ。スタジオに入って、何が起こるか見てみるんだ。たくさんの曲を持ってスタジオに入り、成り行きに任せる。ルールはなく、必要なことを何でもやるだけだ。そして、そこにはテレパシーがある。私たちは、お互いの文章を完成させる奇妙な双子のようなものなんだ。

収録曲「Silver Strings」のMVを公開!

アルバムのファースト・シングル「jamcod」は、目もくらむようなエレクトロニカとウィリアム・リードならではの巨大なギター・サウンドが渾然一体となっている。ジムが唱える「J A M C O D」は、呪文のようでもあり、扇動のようでもあり、これは即席のジザメリの名曲であると同時に、まったく新鮮で先鋭的なものでもある。Suicide や Kraftwerk のようなアーティストを初期から愛したリードのエレクトロニック・ミュージックとの永続的なつながりは、このアルバムで明らかだ。「“ジザメリがジャズになる”、なんて期待しないで」とジムは皮肉交じりに安心させる。

でも、アルバムで (ウィリアムが) 演奏しているパートがあるんだ。ジャズにはビバップがあり、スムース・ジャズがある。それからマイルス・デイヴィスやジョン・コルトレーンを聴くようになって、私が想像していた以上に、ジャズにはたくさんの魅力があるんだ。そしてウィリアムも同じなんだ。そしていつも面白いんだ。

収録曲「Girl 71」のMVを公開!

このアナーキーで自然発生的な質は、ジザメリの魂に織り込まれたパンクの姿勢と、初日からのリードの創造的なアプローチに関連している。レコーディング・プロセスは長年にわたってほとんど変わっていないが、確実に変わったこともある。以前のセッションは、ジム自身が認めているように、兄弟間の悪名高い軋轢のおかげで、しばしば “苦痛” な経験だった。兄弟間の険悪な雰囲気は和らいだのでしょうか?

それに対処する方法を学んだよ。つまり、90年代には完全に制御不能になり、願わくばこの先もそうなりそうなほどひどかった。そこから多くのことを学んだよ。今となっては、ある一定の線が引かれていて、それが見えにくくなっていることも知っている。90年代には、私も彼もあまりに消耗していたので、その線引きに気づかなかった。でも今は、もし私がこれを言ったり、これをやったりすれば、そのような反応が返ってくるとわかっている。だから、違うやり方でやっていくのが一番なんだ。

40歳になったジザメリというと、いまだに青春時代のエネルギーやフラストレーションを連想してしまう人たちには違和感があるかもしれない。しかし、ジムが言うように、

ジザメリは、自分たちがそうありたいと望むものなら何でもするのだ。2007年にバンドが再結成されたとき、私が問題にした理由のひとつは、ジザメリが若さのすべてだと思っていたからだ。しわくちゃのおっさんたちがステージで「Head On」を歌うなんて、変なことになりそうだ、と思っていた。でも、ピクシーズが「Head On」を歌いながら世界中をツアーしているのを見て、あいつらはやっているのに、なんで俺たちはできないんだ?そう、あのレコードを作ったとき、僕らは若かった。でも、これからリリースするアルバムは、他のどのアルバムにも劣らない出来だと思う。

時間を巻き戻して、イースト・キルブライドのベッドルームにいるリードたちに、ジザメリが40周年を迎える日が来るなんて言っても、軽くあしらわれるだけだろう。「想像を絶することだっただろう」とジムは言う。

私だったら愕然とするだろうね。でも、僕はいつも “間違っていると感じるまでやる” と言っていた。若いころは、ストーンズを見て、まったく、彼らはまだ世界中を歩きまわっているんだ。確かに、私はここにいる。でも、音楽が僕の興味なんだ。他のことは考えられないし、バンド活動ほどの満足感を得ることもできない。ある意味、最初の頃より今の方が楽しい。今はすべてが完全に自分たちの思い通りになっている。

『Glasgow Eyes』ストリーミング

ジザメリが常にアウトサイダー、不適合者、”理解されない者” を象徴してきたことは、今も昔も変わらない。英国音楽史に残る偉大なポップ/オルタナティヴ・ロック・アクトの一組と見なされて久しいですが、ジザメリ自身は今でもアウトサイダーだと感じているのでしょうか?

もちろん。どこにも馴染めない、それが僕らのやり方なんだ。何年もの間、”俺たちはどうしてパーティーに呼ばれないんだ?それからしばらくして、パーティーなんてクソくらえだ。僕らがパーティーなんだ。それだけだ。” それで十分なんだ。

Primavera Sound 2022 に出演したフルライブ映像を公開!

関連記事
イベント情報
  • Sammy Hagar (サミー・ヘイガー) 来日公演

  • Conan Gray (コナン・グレイ) 来日公演2024

  • Chris James (クリス・ジェームズ) 初来日公演

  • Dua Lipa (デュア・リパ)、2公演限りの来日公演決定!

  • UKロックシーンの新星 The Reytons 初来日公演

  • 若き天才ピアニスト Tony Ann の初来日公演が決定!