シューゲイザーの雄 Drop Nineteens、30年ぶりのアルバム『Hard Light』をリリース!

2023.08.02

Drop Nineteens (ドロップ・ナインティーンズ)

Photo by Larissa Doronina

シューゲイザーの雄、ボストンのカルト的人気を誇るシューゲイザー・バンド Drop Nineteens (ドロップ・ナインティーンズ) が30年ぶりのアルバム『Hard Light』を Wharf Cat Records から 11/3 リリース!先行シングル「Scapa Flow」のミュージックビデオを公開しました。Drop Nineteens は、90年代前半に2枚のアルバム『Delaware』、『National Coma』をリリースしました。そして30年ぶりに遂に3枚目のアルバムを発表します。

先行シングル「Scapa Flow」のMVを公開!

収録曲「Tarantula」のMV公開!

1992年にシューゲイザーの傑作『Delaware』を、1993年に複雑な実験作『National Coma』をリリースした後、Drop Nineteens は解散した。彼らは素晴らしい活動をした。Radiohead、Hole、Blur、PJ Harvey とステージを共にした。ボストンの10代の若者から、MTVのビデオを持つ20代半ばになった。だから、Drop Nineteens が活動を停止したとき、グレッグ・アッケルは満足感を覚え、音楽はひとつの幕を閉じた。

シンガー・ギタリストのグレッグ・アッケルは、2022年1月に Twitter (現X) で29年ぶりに Drop Nineteens のアルバムを書いたとツイートしています。その時に、タイトルは『Hard Light』だ。アッケルはその大部分をドロップC#チューニングで書いたので、おそらくシックなサウンドになるだろうと語っていました。

それは2021年までのことだった。約30年ぶりに、アッケルはギターを手にしたくなった。彼はすぐにバンドのベーシストでギタリスト仲間の Steve Zimmerman に電話をかけ、2人で作曲を始めた。アッケルは楽々と作曲を始めた。でも、Drop Nineteens の曲は今どんな風に聴こえるのだろうという疑問も浮かんだ。バンドの衝撃的な3枚目のアルバム『Hard Light』の登場だ。これは、『Delaware』に続くバンドにとって格言的な作品であり、そのサウンドとビジョンにおいて完全に特異な、現代的な Drop Nineteens のレコードである。

収録曲「A Hitch」のリリックビデオを公開!

やあ

そうだ。2022年だ!つまり30年前の今年、僕らは『Delaware』をリリースした。もちろん、その後にバンドとして大小さまざまなことをやったが、その後すぐに nineteen spurs を放った。

Craig Rich は、2021年後半にどうにかして僕を電話に出して、話をしたり賺したりしてくれた。しかし、彼はとてもとてもいい人だ。私は耳を傾ける。そして考え始める。

Steve Zimmerman にメールして、現代の Drop Nineteens のシングルはどんなサウンドになると思うか聞いてみた。私たちは話し合った。でも、もうギターは持っていない。信じがたいが、事実であり、完璧なアウトだ。スティーブはジャズマスターをブルックリンの私のアパートに速達で送ってくれた。

私のガールフレンドがアート・バーゼルのためにマイアミ行きの飛行機に乗る朝、それは届いた (私の写真はその朝のもの)。日曜日に彼女が戻ってくるまでに、私は次の Drop Nineteens のアルバムの大部分を書き上げた。スティーブは、なぜか以前から、彼自身のひどく良い素材を豊富に準備していたことがわかった。

だから、Pete Koeplin と Motohiro Yasue とともに、この新年をドロップ・ナインティーンズの新しいアルバムのレコーディングに費やすつもりだと言える。タイトルは『Hard Light』だ。
近いうちに話そう

グレッグ

『Hard Light』制作の最初の仕事は、もちろんバンドの残りのメンバーを再び集めることだった。Drop Nineteens は本質的に共同プロジェクトである。アッケルは主に作詞作曲を担当し、Zimmerman、Paula Kelley、Motohiro Yasue、Peter Koeplin と共同で音の世界を創り上げている。このアルバムは、全米各地のスタジオでパッチワークのようにレコーディングを重ね、1年かけて完成した。一緒に音楽を作ることは、自然で、流動的で、エキサイティングだと感じた。

収録曲「The Price Was High」のMV公開!

ギターのリバーブは相変わらず広大だ。アッケルとケリーのヴォーカルはクリスタルのようだ。「スカパ・フロウ」は勝利の歌だ。現代のドロップ・ナインティーンズの曲がどのようなものかを示す素晴らしい例だ。ギターは青空の日の雲のように滑空し、ドラムはバックでシャッフルしながら探し求める。アッケルとケリーのヴォーカルはクールなトーンでドリーミー、リバーブの靄に包まれている。文句なしに素敵だ。このアルバム全体に同じことが言える。『Hard Light』はとても愛らしい。30年後のバンドの肖像であり、相変わらず才能があり、自分たちの技術にひたむきである。

『Hard Light』ストリーミング

関連記事
イベント情報
  • The Last Dinner Party 単独公演

  • IU (アイユー) 来日公演「2024 IU H.E.R. World Tour Concert」

  • UKロック界の絶対王者 KASABIAN 来日公演

  • Iron Maiden (アイアン・メイデン) 来日公演

  • Turnstile (ターンスタイル) の東京/大阪公演

  • Thom Yorke (トム・ヨーク)、初となるソロ来日公演を11月に開催決定!