Beirut、レジリエンス作となるニューアルバム『Hadsel』をリリース!

2023.08.30

米ニューメキシコ州サンタフェ出身のシンガー・ソングライター Zach Condon (ザック・コンドン) 率いるバンド Beirut (ベイルート)、ニューアルバム『Hadsel』を 11/10 リリース!先行シングル「So Many Plans」を公開。本作は、Beirut が2019年にリリースした『Gallipoli』以来となるフルレングスの新譜であり、ザック・コンドン自身のレーベルである Pompeii Records からの初のリリースとなります。

収録曲「The Tern」の試聴が開始!

肉体的・精神的な故障によりコンドンが2019年のツアーをキャンセルせざるを得なくなった直後にノルウェーのハドゼル島でレコーディングされた本作は、ショックと自信喪失の状態に置かれたコンドンが回復するための場所を探していた作品です。10代の頃から押し殺してきた自分自身の精神的な崩壊に盲目的につまずき、トランス状態に陥っていました。

それは、まるで鐘の音のように私に鳴り響いたのです。自然の美しさ、オーロラ、恐ろしい嵐が私の周りで素晴らしいショーを演じている間、私は過去と現在のさまざまなことに苦悩していました。数時間の光は、山々やフィヨルドの底知れぬ美しさを露わにし、何時間もの長い薄明かりは、私を控えめな興奮で満たした。

その風景が音楽の中にも存在していると信じたい。その結果、この曲集は、その傷つきやすさ、自己決定感、そして崩壊した後でも再び自分で何とかできるようになるという信念を見事に反映したものとなった。

『Hadsel』ストリーミング

2024年2月にベルリンのテンポドロームで行われたフルライブ映像が公開!

ザック・コンドン率いる Beirut は、ベルリンのテンポドロームで音楽のエモーショナルなパワーを解き放つ。2023年にリリースされたアルバム『Hadsel』は、繊細で力強いパフォーマンスだ。

Beirut の音楽を聴いていると、消えたと思っていた古い家族のアルバムを見ているような、笑い、涙、ノスタルジアが入り混じった何とも言えない気持ちになる。この感覚は、スラブ音楽とアメリカン・フォークの微妙な組み合わせから生まれ、ザック・コンドンの清らかな歌声がすべてを結びつけている。

Beirut のシンガーは、その独特の声を失いかけていた。それを守るため、彼はノルウェーの北の果て、ハドセル島に避難した。北極圏にあるこの地で、ザック・コンドンは7枚目のアルバム『Hadsel』を生み出す土壌も見つけた。

2016年、バタクランでのコンサートの翌日、ソワレ・ド・ポッシュでベイルートを撮影する機会に恵まれた。それから8年後、やはりブロゴテックの協力のもと、ベルリンでザック・コンドンを見つけた。今回はアパートの一室での演奏ではなく、何千人ものファンの前でのコンサートであった。私たちもその喜びを否定するつもりはない。

関連記事
イベント情報
  • SONICMANIA 2024、第1弾アーティスト発表!

  • Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN 2024

  • Fairground Attraction 奇跡の復活!35年振りの来日公演

  • ブルーマングループ「ジャパンツアー2024」東京公演

  • Olivia Rodrigo (オリヴィア・ロドリゴ) 初来日公演

  • Jorja Smith (ジョルジャ・スミス) 来日公演