ドイツの作曲家/ピアニスト Hauschka、待望のニューアルバム『Philanthropy』をリリース!

2023.06.22

Hauschka

ドイツの作曲家/ピアニスト、フォルカー・ベルテルマンのソロ・プロジェクト Hauschka (ハウシュカ)、待望のニューアルバム『Philanthropy』を 10/20 リリース!先行シングル「Loved Ones」のミュージックビデオを公開。”Philanthropy” という言葉は、コリンズ英語辞典で「慈善的または博愛的な行為を行うこと」あるいは「人類全般を愛すること」と定義されている。Hauschka ことフォルカー・ベルテルマンにとって、音楽とはいかに響くかであると同時に、議論や意見交換の機会でもある。

先行シングル「Loved Ones」のMV公開!

自分の音楽を博愛や慈善行為と考えるには控えめすぎるかもしれないが、ベルテルマンは新しい音楽の慈愛と開放感を通して、紛れもなく「人類愛」を示している。常に変化し続けるプリペアド・ピアノの独特な響きが支配するインストゥルメンタル・アルバムというのは、あまりピンとこないかもしれないが、アカデミー賞とBAFTAを受賞したこの作曲家は、15枚目のソロ・スタジオ・アルバムを『Philanthropy』と名付けた。

アルバム・タイトルと同様に、このアルバムに収録されている多くの曲名もまた、興味深いフィット感を持っており、しかも不思議なことに、不可解なことに、それぞれが他の曲と完璧にマッチしている。例えば、「Diversity」は、遊び心に溢れ、転がるようなアルペジオとピチカートのメロディーに、「Nature」は、個々の要素がゆっくりと合体していく心に染みる作品に、「Loved Ones」は、印象的な室内楽に、「Altruism」は、陽気で屈託のないリズムの5分間に、それぞれぴったりだ。

収録曲「Limitation of Lifetime」のMV公開!

『All Quiet On The Western Front (西部戦線異状なし)』のサウンドトラックで賞を受賞したこの作曲家は、実は2023年にアカデミー賞にノミネートされた2曲のうちの1曲で、もう1曲は偶然にもノルウェーのグンナー・ヴィケネ監督の戦争ドラマ『War Sailor』である。彼の場合、作曲と同じような感情的反応を呼び起こすような、予想通りの言葉やフレーズではない。2011年の『Salon Des Amateurs』では、ハウスとテクノ・ミュージックに対する彼の愛情を探求し、2014年の『Abandoned City』では、そのような荒涼とした、しかし畏敬の念を抱かせる場所の名前を使って、彼がキーボードに向かって一人で経験する希望と悲しみを伝え、2017年の『What If?』では、ユートピアの概念と、彼の子供たちが大人になって生きる世界に対する彼の懸念を取り上げた。

1つのテーマでつながる角度を追求することは、常に満足感を与えてくれる。アルバムをコンサートのようにすることは、私にとって社交的なイベントであり、演奏する以外にも、ファンに会って一緒に過ごしたり、グッズを売っているときにおしゃべりしたりするのが好きだからだ。コンセプトのあるレコードは、それを聴いてくれる人たちとのコミュニケーションの別の方法を提供してくれる。コンセプトは常に実生活とつながっているんだ。

ちなみに、『Philanthropy』は、前述の各レコードで確立された快楽に借りがあるのだが、そのパターンを踏襲している。そのテーマの多くは孤独の産物であり、音楽から切り離されて作られたわけではない。

私はいつも、このアルバムをとても楽観的なレコードにしたいと感じていた。また、ここ2、3年、誰もが人生がどのように続いていくかを考えていた時期があったから、窓を少し開けてくれるようなレコードをリリースしたいという衝動に駆られたんだ。ただスローで憂鬱な曲を演奏するのではなく、前向きで、音楽にエネルギーを込めたかったんだ。

日本で撮影された「Inventions」のMVを公開!

これは確かに『Philanthropy』のムードを照らしており、時には HAUSCHKA の幅広いコレクションの中でも最も明るい曲のひとつである。愉快な「Diversity」や陽気な「Altruism」のほかにも、お茶目な「Inventions」や興味をそそるダビーな「Generosity(寛大さ)」があり、それぞれのタイトルが喜ぶべき理由を示唆している。一方、より物悲しい曲もあり、「Searching」は不気味なクライマックスに向かってつまずき、「Science」は万華鏡のような風景で、一見ランダムな要素がピントが合ったり合わなかったりする。

「Magnanimity」は最もメランコリックな曲で、おそらく現代社会に欠けている質の高さを感じさせるからだろう!- しかし、「Noise 」は、このアルバムで初めてではないが、「アンビエント」と形容されるようなやり方で物事を締めくくる。この曲はもともと『All Quiet On The Western Front』のクレジット用に書かれたものだとベルテルマンは告白している。

私は最後に白紙のページが好きなんだ。もちろん、聴き直せばいいんだけどね。

『Philanthropy』は、2004年のデビュー作『Substantial』以来、4年ぶりの新作である。ベルテルマンはポップ・ミュージックから出発したが、2000年代初頭に Hauschka としてソロ活動を開始し、後にニュー・クラシックと呼ばれるようになる音楽のパイオニアとして名声を得た。しかし、彼はひとつのジャンルに閉じこもることをためらい、

生き残る唯一の方法は、実は船が動き始めたら、その船から離れることなんだ。そうでなければ、最後の船に乗ることになる。

と笑う。前作『A Different Forest』(2019年)は、ソロの “準備なし” のピアノが中心だった。つまり、誰も Hauschka のようには聴こえないということだ。彼はこの最新アルバムで、過去の習慣を見直すことで、極めて合理的にそれを称賛している。

最初のころの仕事のやり方が本当に好きだったんだ。最初に始めた頃とつながりたかったんだ。その結果、このアルバムのほとんどは、2022年の夏から彼のスタジオでピアノだけでレコーディングされた。加えて、彼はトルコ製のダブール・ドラムを使用し、ベース・シンセをはじめとするシンセサイザーもこれまで以上に目立っている。

また、チェリストの Laura Wiek とヴァイオリニストの Karina Buschinger の参加もあり、「Generosity」と「Altruism」の2曲は、Múm のドラマー Samuli Kosminen との生産性の高いセッションから生まれた。パンデミックが進むにつれ、正しいステップではないと感じ始めたんだ。正直になる必要があるんだ。

収録曲「Nature」のMV公開!

アルバムとアルバムの間に空白があったにもかかわらず、ベルテルマンはここ数年、親指を動かしていなかった。『All Quiet On The Western Front』は、2016年にオスカーにノミネートされた Garth Davis 監督の『Lion』のスコアにおける Dustin O’Halloran との共同作業の成功によってもたらされた生産性ラッシュの最新作に過ぎない。彼とオハロランはさらに6つのプロジェクトを手がけており、最近では Kate Winslet 主演の『Ammonite』がある。2018年の Benedict Cumberbatch 主演の『Patrick Melrose』では再び BAFTA にノミネートされ、『All Quiet On The Western Front』で監督の Edward Berger と再び仕事をすることになった。

『Philanthropy』ストリーミング

そして今、ベルテルマンは Hauschka として戻ってきた。祝典と内省の場であるこの作品は、哲学的な傾向を持ちながらも親しみやすく慈愛に満ちた作者が、作曲家としての力を最大限に発揮している近年への、注意深く考慮された、しかし陽気で即興的な応答である。音楽が愛の糧であるならば、この作品は思考の糧でもある。それはきっと、贈る価値のある贈り物であり、さらに受け取る価値のある贈り物なのだ。

シアトルのラジオ局 KEXP に出演したスタジオライブ映像が公開!

tracklist:
1 Diversity
2 Searching
3 Inventions
4 Detached
5 Limitation of Lifetime
6 Nature
7 Science
8 Loved Ones
9 Generosity
10 Magnanimity
11 Altruism
12 Noise

関連記事
イベント情報
  • Tempalay、全国ライブツアー2024「((ika))」東名阪ほか全国9都市で開催!

  • ANNE-MARIE (アン・マリー) 来日公演

  • SONICMANIA 2024、第1弾アーティスト発表!

  • シカゴ生まれのシンガーソングライター Alexander 23、来日公演が6月に決定!

  • Tones And I 来日公演

  • Itasca の初来日公演が決定!