GAIKA、ニューアルバム『DRIFT』を Big Dada から 9/8 リリース!

2023.06.08

サウスロンドン出身のアーティスト GAIKA、ニューアルバム『DRIFT』を Big Dada から 9/8 リリース!

サウス・ロンドン出身のアーティスト GAIKA、ニューアルバム『DRIFT』を Big Dada から 9/8 リリース!bbymutha をフィーチャーした先行シングル「LADY」を公開しました。この曲では、激しいドラムとドローンのかかったギターが即効性を発揮しますが、この曲の原動力は、2人の異端児による強烈な化学反応にあります。プロデュースに KIDÄ (Yves Tumor) を迎え、Azekel (Gorillaz) と Max Winter が参加し、オルタナティブロックと大胆なラップが融合し、GAIKA と bbymutha がリリックの才能を発揮して、このねじれた、熱っぽい事件で恋人への献身を堂々と表現しています。

bbymutha をフィーチャーした先行シングル「LADY」のMVを公開!

Roots Manuva、Yaya Bey、Kae Tempest、Brian Nasty などの所属する Big Dada Recordings と新たに契約したGAIKA は、作曲家としての仕事を経て新たな活力を得て音楽に戻り、これまでで最も広大な作品となる『Drift』を発表しました。愛、痛み、残忍さ、美しさがぶつかり合う高速の旅にリスナーを誘い、鮮やかで挑発的な映画のような傑作を作り出します。Prince、Wu Tang Clan、Massive Attack、John Coltrane、Pink Siifu、A$AP Rocky など、過去から現在に至るまで影響を受けてきた音楽が、硬質で歪んだサウンドと、破壊的かつ時代を超えた揺るぎないエネルギーで脈打つように表現されているのです。

The Narrator をフィーチャーした「FIRST AMONG MISFITS」を公開!

ヒップホップやクラブミュージックのカルチャーを軸に、GAIKA の血脈を受け継いだ、ノスタルジックでエスケープな14曲の作品に仕上がっています。アナログでレトロな雰囲気の『Drift』は、90年代のグランジ、ダークウェーブ、ポストパンク、アルトロックなどを織り交ぜたサイケデリックなフィーリングが特徴です。カリプソのスティールパンからゴスペルのボーカル、ダブの残響から熱狂的なラップ、現実世界の録音から取り入れたサウンドデザインなど、彼の遺産と環境を表現している。GAIKA の音楽は国境を越え、彼の遊牧民的な性質は、同時に所属と非所属を意味し、彼の音楽は一つのジャンルに閉じ込められることはなく、このユニークな新譜は、彼が現代で最も進歩的なアーティストの一人として、さらに強固なものとなりました。

収録曲「SUBLIME」のMV公開!

GAIKA は、芸術と生活、想像力とコミュニティの間の分離を取り除き、現実の生活とその壮大な表現との間の境界を壊すために、共同制作に常に参加することで目覚めた夢を作ろうと努めた。彼は、ICA、180 the Strand、Now Gallery でのショーを含む、ロンドンの中心部に多くの状況に応じた芸術施設を設置し、世界が再開されると、夢を見ることによって現実の生活の経験を高めることを意図して、ポップアップギャラリー、スタジオ、展覧会、レイヴを作成しました。そのプロセスは、GAIKA にとって音楽が「重要」である以前に、つまり商品化され、個人化され、名前が大文字になる以前に作られた記憶の心理学的検査に似ている。

『Drift』は、これらのスペースで起こる創造的な出来事を表す言葉であり、このレコードを制作した人々の集団の名前となった。GAIKAは中心的なライター兼作曲家であり、KIDÄと緊密に連携して制作を行い、Azekel、Charlie Stacey、Brbko、The Narrator を含むクラシック音楽のトレーニングを受けたミュージシャンたちが、長期間にわたって夜遅くまで音楽を録音しました。

関連記事
イベント情報
  • Fairground Attraction 奇跡の復活!35年振りの来日公演

  • Sasha Alex Sloan 来日公演

  • Jorja Smith (ジョルジャ・スミス) 来日公演

  • Ginger Root 来日公演「SHINBANGUMI JAPAN TOUR 2025」の開催が決定!

  • Bruno Major Japan Tour 2024

  • Iron Maiden (アイアン・メイデン) 来日公演