ロンドンのアーティスト Lucinda Chua、ニューアルバム『YIAN』を 4AD から 3/24 リリース!

ロンドンを拠点とするアーティスト Lucinda Chua (ルシンダ・チュア) がニューアルバム『YIAN』を 4AD から 3/24 リリース!ニューシングル「Echo」のミュージックビデオを公開。2022年にリリースされた Chua の『Golden』が、若き日の自分自身の視点から書かれたもので、『YIAN』の世界への瞑想的な前奏曲だとすれば、彼女のニューシングル「Echo」は、その第1章にしっかりと位置づけられるものです。

先祖代々のトラウマを歌ったポップソング「Echo」は、過去への敬意と新しい未来を切り開く自由との境界線を歩く、アンチヒーローの旅路である。(私はあなたの恥を背負わない/二度とあなたのエコーにはならない…私は他の誰にもなれない/あなたを見て、自分を見る」)。この曲では、官能的なエコーのハーモニーと繊細なソウルを感じさせるピアノが、彼女独特の親密でありながら別世界のようなサウンドを生み出している。

中国舞踊を徹底的に学んだ Chua は、映画監督の Jade Ang Jackman、ムーブメントディレクターの Chantel Foo とともに、振り付けを施したポップなミュージックビデオ「Echo」のビジュアルを制作しました。このショートフィルムは、中国のファンダンスと武術へのオマージュであり、移り変わる感情の季節を旅するような、感動的で革新的な作品となっています。ストーンサークルを土台に、手作りの中国製シルクの扇子を使って、茨のバラ園から吹雪へと移り変わるムードの中で、チュアは踊ります。「私たちは皆、雪の中の足跡に過ぎないのだと思うことがあります」と Chua は言います。

『YIAN』は中国語でツバメを意味し、”Siew Yian” の一部でもあります。渡り鳥が場所を移動するように、アーティストである Chua もまた、彼女の遺産であるイギリス、マレーシア、中国の文化の狭間に生きているのです。母国語である中国語がない中、音楽は言葉では言い表せない自分の部分を表現する方法となり、『YIAN』は癒しの言葉として生まれました。10曲中8曲をセルフプロデュースし、エンジニアリングも担当したこのアルバムは、アルバムというよりも世界観であり、Chua が生涯をかけて自分自身の歴史やアイデンティティと折り合いをつけながら、自分自身の存在を学び、明らかにしていくための取り組みである。

このプロセスを通じて、彼女は自分の経験を表現するための新しい言語を発見しました。この言語は、彼女が開発した実践と、その過程で連帯を築いたクリエイティブ・コミュニティにあります。主なコラボレーターである Tash Tung、Jade Ang Jackman、Nhu Xuan Hua、セットデザイナーの Lydia Chan、Jonquil Lawrence、Erin Tse と共同でヴィジュアル・アイデンティティーを作成しました。Chua はまた、ムーブメントディレクターの Chantel Foo と Duane Nasis と共に、ダンスを通してアルバムの身体言語を構築しました。この表現は、本日公開の「Echo」のために作られたショートフィルムで最も鮮やかに表現されています。