ロンドンの5人組バンド Ulrika Spacek、5年ぶりのサードアルバム『Compact Trauma』を 3/10 リリース!

2023.01.26

Ulrika Spacek

ロンドンの5人組インディーロック・バンド Ulrika Spacek、ニューアルバム『Compact Trauma』を Tough Love から 3/10 リリース!先行シングル「The Sheer Drop」のミュージックビデオを公開。前作から約5年、Ulrika Spacek はサード・アルバム『Compact Trauma』を携えて亡命していた。この時期にこのようなタイトルが付けられると、このレコードを過去数年の世界的な出来事の文脈だけで解釈したくなるが、この10曲のルーツはもっと昔に遡り、彼ら自身の個人的な内的ダメージに荷担しているのだ。

先行シングル「The Sheer Drop」のMV公開!

2018年半ば、疲労困憊に近づき、遍歴のロード・ライフのストレスからますますもろさを感じていたリース・エドワーズ、リース・ウィリアムズ、ジョセフ・ストーン、シド・ケンプ、カラム・ブラウンの5人組は、セカンド・アルバム『Modern English Decoration』に続く作品に本格的に着手することになった。1年も前にリリースされ、その後数ヶ月間絶え間なくプロモーションを行ってきたバンドにとって、今が一息つける絶好の機会だったかもしれない。しかし、Ulrika Spacek はスローダウンという概念に馴染みがなく、強い労働意欲と、より多くの内容とスピードを必要とする気まぐれなツアーサイクルの要求によって、その条件を備えていた。あまりに速く進むと、前方の危険を回避することが難しくなる。

収録曲「If the Wheels Are Coming off, The Wheels Are Coming Off」のMV公開!

バンドの前作はいずれも、ホームトンにあるスタジオ兼リハーサルスペースの KEN でレコーディングされており、そこは彼らの共同住宅も兼ねていた。サードアルバムの制作が始まると、KEN は突然、高級化という無差別な暴力の犠牲者となり、プロジェクトはハブであると同時にホームレスになってしまった。KEN での作曲とレコーディングは突然ハックニーにあるプロのスタジオに移され、このような状況での作業は2度目となり、緊張とロジスティックの困難さがすぐに明らかになった。慣れない土地への強制的な移動は十分に不快であったろうが、すでにバンド内に分裂が始まっていたことと合わせると、特に混乱した体験となった。しかし、どうにかして、この暗黒の中から1枚のレコードが生まれ始めた。

収録曲「No Design」のMV公開!

トラウマというものは、その様々な形態において、しばしば認定するのが難しく、合理化するのはさらに難しい。何かがうまくいかなくなり始めたとき、どうやって見通しを立てればいいのだろう。何が一時的な障害で、何が完全な災難なのか?『Compact Trauma』は、バンドがアイデアを完成させるために努力する一方で、周囲の宇宙は閉ざされたがっているようなドキュメントであった。そして、ある種の袋小路に入り、レコードが半分ほど完成したところで、突然そうなったのである。

もし、Ulrika Spacek が休憩を必要とするバンドだとしたら、それを実現させたのは世界的なパンデミックの力だったのだ。世界が静止する中、『Compact Trauma』は未完成のままファイルされ、広い世界からは聞かれず、おそらく永遠にその状態が続くことになった。そして、まだ、第二幕があるのです。変幻自在が私たちの悲劇であるならば、それはまた私たちの希望でもある。悪いことが消え去るにつれて、晴れた日が徐々に現れ始めた。傷口は、光が差し込む場所という言葉があるように。

ロックダウンによる長時間の休憩は、グループを切り離したかもしれないが、5人にとって、すでに約束したテープを振り返る時間にもなった。明かりが戻り、シャッターが開くと、彼らは『Compact Trauma』に引き戻されていることに気がついた。それは、世界的な大流行という共通の悲しみを先取りしたようなレコードであった。具体的な内容は違っても、テーマは驚くほど似ている。実存的な異常さ、居場所のなさ、物質への依存、迫り来る自信喪失などを扱ったこれらの極めて個人的な曲は、突然より広い意味を持ち、より大きな物語に部分的に語りかけるようになりました。

オープニング・トラックの「The Sheer Drop」は「Homerton is caving in」という一節で始まり、「It Will Come Sometime」では「電球のような肝臓と膨張」を描写し、Lounge Angst (屋内での気の遠くなるような監禁生活のほぼ完璧な描写) は「友達が成長したか出て行ったみたい」と嘆いている。恐怖とパニックが手に取るようにわかる。歌詞は、熱狂的なものとオフキルターなものの間で揺れ動くサウンドトラックとマッチしており、型破りな曲構成と結びついたアレンジが、リスナーを予想外の方向に向かわせたり、ある種のカタルシスを与えたりするのです。

例えば、前述したオープニングの「The Sheer Drop」。3つのパートからなる緊張と解放のエクササイズで、気まぐれなシンセのオープニングから特徴的なキメのギターが始まり、釘付けになるコーダでは太陽の中心か世界の終わり、どちらか先に来るほうにコントロールが設定されています。いずれにせよ、5年ぶりの再登場となるこの曲は、素晴らしい出来栄えだ。「If The Wheels Are Coming Off, The Wheels Are Coming Off」も同様に、自己不信を痛烈に表現しており、クライマックスでは恍惚の表情になり、何度も聴きたくなる。「Stuck At The Door」は、11分の Pacific North West スタイルの大作で、「これから起こる最悪の事態」と脅しているようだ。

しかし、このアルバムの真の心臓の鼓動は、このタイトル曲かもしれません。この曲は、自分自身に向けられているのか、それとも未知の加害者に向けられているのか、「テーブルから手と頭を離せ」と要求することから始まり、感染性の不安なエネルギーに後押しされた息苦しいリフを中心に螺旋を描き、完全に戦術を変えてララバイ風のフィナーレに移り、不吉な考えで締めくくられている。「コンパクトなトラウマ?それとも本格的な災害?」という不吉な思いで締めくくられる。これは、非常に複雑なレコードを要約するのにふさわしいものだ。彼らはそれを放っておくこともできたが、自分たちが知っているものに立ち戻ることで、Ulrika Spacek はこれまでで最高の作品を発見したのである。

関連記事
イベント情報
  • JP Cooper 来日公演

  • Itasca の初来日公演が決定!

  • eaJ (イージュ) 初来日公演

  • LANY 来日公演

  • Diane Birch (ダイアン・バーチ) 来日公演

  • ARCA、サマソニ・エクストラ単独公演が決定!