ロンドンのグループ The Tubs、デビューアルバム『Dead Meat』をリリース!

The Tubs

ロンドンのインディーポップ・グループ The Tubs (ザ・タブス) がデビューアルバム『Dead Meat』を Trouble In Mind から 1/27 リリース!このバンドは、UKポストパンクバンド Joanna Gruesome の遺灰から、元メンバーの Owen ‘O’ Williams と George ‘GN’ Nicholls が2018年に結成した。ポスト・パンク、伝統的なブリティッシュ・フォーク、ギター・ジャングルの要素を、Cleaners From Venus に影響を受けたノンシャランなポップ・フックと現代の対蹠的インディー・バンド (Twerps / Goon Sax など) によって味付けすることで、このバンドは成り立っている。

表題曲「Dead Meat」の試聴が開始!

収録曲「Wretched Lie」のMV公開!

アルバム『Dead Meat』は、ポストパンクやインディージャングルの要素を取り入れながら、ハイファイなストラム&スラムが冴え渡り、トラッドなブリティッシュフォークやカンタベリーフォークロックへの傾倒は、カフェインを含んだ顕著な一歩を踏み出している。フェアポート・コンヴェンションの英国的なチャイムの響きに、シンガーの Owen Williams が Bryan Ferry の「考える男の自由人」としての人格をよりドロドロした展望に導く歌詞が交差しています。

収録曲「Sniveller」の試聴が開始!

多くの曲(「Round The Bend」や「Duped」など)は、Williams の辛辣な歌詞のもと、切迫したストラムで舞い上がり、若き日の熱血漢 Richard Thompson を思い起こさせる。特にアルバムの後半になると、痛々しく苦い諦念(描写された状況とその中での主人公の位置の両方)が漂ってきます。また、以前リリースされた「I Don’t Know How It Works」、「Two Person Love」、「Illusion」(ここでは「Illusion Pt. II」として、オリジナルの7インチバージョンから再録されている)は、それぞれの曲で描かれている人物の旅が終わっていないこと、以前よりもさらに絶望的になるかもしれないことを暗示して、緊急性を高めている。

収録曲「I Don’t Know How it Works」

バンドはかつてないほどタイトでダイナミックで、しばしば気づかないほどテンションを上げ、ギターの余分な音がオーバーダビングされ、コーラスやブリッジの下でかろうじて聞こえるオルガンとシンセが回り、現Ex-Vöid (元Joanna Gruesome) のボーカル、Lan McArdle が予想外のバックアップをとっている。The Tubs はあなたのステレオを支配する態勢を整えているのだ。

『Dead Meat』ストリーミング