LAのハイパーポップ・デュオ 100 gecs、待望のセカンドアルバム『10,000 gecs』を 3/17 リリース!

LAの Dylan Brady と Laura Les によるハイパーポップ・デュオ 100 gecs、待望のセカンドアルバム『10,000 gecs』を 3/17 リリース!デビューアルバム『1,000 gecs』でブレイクした後、彼らの次の作品への期待は高く、デュオはたくさんのイジワルを行ってきた。このアルバムには、過去にリリースされたシングル曲「mememe」が収録されます。「スカを取り入れた詩が、スラッシュ・ギターとシンセ・ラインのコーラスで跳ね返る陽気なカーニバル」と評され、90年代のアルトロックに影響を受けたこの曲は、The Fader が「これまでの Gecs とは全く違う」として紹介しています。

まだ入門していない人のために。100 gecs は、2019年のデビューアルバム『1000 gecs』で、ポップ・カルチャーの月面に旗を立て、各メディアはセンセーショナルに取り上げ称賛した。

ルール無用の印象的で精密な最大主義運動 – The New Yorker

最高の方法で全く動揺しない – GQ

この革新的なプロジェクトはファンや批評家の心を捉え、ニューヨーク・タイムズ紙は「今年最も賢明なポップミュージック」と評し、ローリング・ストーン紙は「2019年で最も刺激的なデビューのひとつ」と評し、現在までのライブはすべて完売しています。『1,000gecs』のリリースからわずか数ヶ月で、ビデオゲーム『Minecraft』の中から初めてコンサートを行ったバンドは、全米のライブを完売させ、彼らの熱狂的で急速に増殖するファンベースがインターネットの片隅にのみ存在するのではないことを証明した。

2020年夏にワールド・ツアーが延期された後も、Brady と Les は、A. G. Cook、Fall Out Boy、Charli XCX、Rico Nasty などのコラボレーションや、ファンによるクラウドソーシングを用いたオリジナル・アルバムの再構築作品『1000 gecs and The Tree of Clues』をリリースして活動を続けました。この革新的なリリースは、The NME によって「脳を溶かし、ジャンルを打ち砕くようなポップの未来像」と評されました。その後、過去2年間の国際的なツアーで、このありえない魔法使いをまとったパイドパイパーは、ソールドアウト公演からソールドアウト公演へと飛び回り、時代の流れの2歩先を行っているように見えた。